マニュアルトップ > システム設定マニュアル > データをバックアップする

その他

データをバックアップする

データをバックアップ/リストアします。

  • データが破損したときや、誤って必要なデータを削除してしまったときのためにデータのバックアップを取る事をお勧めします。
注意
  • データのバックアップや最適化などの作業は、メンテナンス時間を設定するなど、ユーザーが「デヂエ」にアクセスしない時間帯に行ってください。ユーザーの操作中にバックアップ作業を行うと、操作前までのデータしか保存されないなど、データに差分が生じる場合があります。

データをバックアップする

データをバックアップします。

  • バックアップするディレクトリ/ファイルを、外部媒体(磁気テープ/CD-R/MO/別のハードディスク等)に手動でコピーしてバックアップを行います。
重要
  • バックアップするディレクトリは次のとおりです。
    • (インストールディレクトリ)/dze/data 以下すべてのファイル
      例) C:\Inetpub\scripts\cbdb\dze\data 以下
    • (インストールディレクトリ)/dze/file 以下すべてのファイル
      例) C:\Inetpub\scripts\cbdb\dze\file 以下
  • 上記ディレクトリをバックアップすることで、ライブラリおよび「デヂエ」で管理しているユーザー/ライセンス情報など、すべての情報をバックアップできます。
ステップ1
利用中の「デヂエ」のファイル構成を確認する
ステップ2
メンテナンス時間を設定する
ステップ3
必要なデータを、外部媒体などにコピーする
ステップ4 メンテナンス時間を解除する

データをリストアする

バックアップしたファイルをリストア(復旧)します。

  • バックアップファイルを利用し、サーバーが異常終了した場合などにデータの復旧を行います。また、特定のライブラリだけを復旧することも可能です。
注意
  • データをリストアしても、バックアップ以降に変更したデータは復旧されません。このため、バックアップ以降に追加したライブラリが閲覧できなかったり、削除したライブラリが一覧に表示されたりなど、データに不整合が生じる可能性があります。特定のライブラリに異常がある場合は、ライブラリ単位でのリストアをお勧めします。
補足

システム全体をリストアする

システム全体を利用中のデヂエにリストアする

ステップ1
メンテナンス時間を設定する
ステップ2
バックアップ元でバックアップファイルをコピーし、リストア先の該当のディレクトリをリネームして、バックアップデータと置き換える ファイル構成を確認し、バックアップしたディレクトリと同じ位置にデータをリネームして置き換えます。
  • リストア先のディレクトリをリネームする例:
    (インストールディレクトリ)/dze/data → (インストールディレクトリ)/dze/data_bak
    (インストールディレクトリ)/dze/file → (インストールディレクトリ)/dze/file_bak
  • バックアップファイルを置き換える例:
    (インストールディレクトリ)/dze配下にバックアップファイルを配置します。
    • data(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/dze/data(バックアップファイル)
    • file(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/dze/file(バックアップファイル)
ステップ3
メンテナンス時間を解除する (インストールディレクトリ)/dze/data/以下にあるmaint ファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
ステップ4 Webブラウザーを起動してデヂエにアクセスし、動作確認する 次の項目を確認します。
  • バックアップした状態のデータを、正常に閲覧または表示できる。
  • 正常にデータを登録または変更できる。

システム全体を他のサーバーにインストールしたデヂエにリストアする

ステップ1
他のサーバーにデヂエをインストールする
ステップ2
メンテナンス時間を設定する
ステップ3
バックアップ元でバックアップファイルをコピーし、リストア先に移行するファイル構成を確認し、バックアップしたディレクトリと同じ位置に次のデータを移行してください。
  • バックアップファイル
    • (インストールディレクトリ)/dze/data ディレクトリ
    • (インストールディレクトリ)/dze/file ディレクトリ

      ↓  上書き  ↓

  • 移行先のディレクトリ
    • (インストールディレクトリ)/dze/ ディレクトリ
ステップ4
メンテナンス時間を解除する (インストールディレクトリ)/dze/data/以下にあるmaint ファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
ステップ5 Webブラウザーを起動してデヂエにアクセスし、動作確認する 次の項目を確認します。
  • バックアップした状態のデータを、正常に閲覧または表示できる。
  • 正常にデータを登録または変更できる。

特定のライブラリを利用中のデヂエにリストアする

重要
  • リストアするディレクトリおよびデータは次のとおりです。
    • (インストールディレクトリ)/dze/data/db/(ライブラリ ID).dbm 以下すべてのファイル
      例:
      C:\Inetpub\scripts\cbdb\dze\data\db\10.dbm
      ファイルフィールドにファイルを添付している場合は、次のデータもあわせてリストアしてください。
    • (インストールディレクトリ)/dze/file/DB/(ライブラリ ID)以下のディレクトリおよびファイル
      例:
      C:\Inetpub\scripts\cbdb\dze\file\DB\10 以下
ステップ1
目的のライブラリの「ライブラリ ID」を確認する
ステップ2
メンテナンス時間を設定する
ステップ3
バックアップ元で目的のライブラリのバックアップファイルをコピーし、リストア先の該当ファイルをリネームして、バックアップデータを置き換える ファイル構成を確認し、目的のライブラリのデータのみ、バックアップしたディレクトリと同じ位置にデータをリネームして置き換えます。
  • リストア先のディレクトリをリネームする例:
    (インストールディレクトリ)/dze/data/db/10.dbm → (インストールディレクトリ)/dze/data/db/10.dbm_bak
    ファイルフィールドにファイルを添付している場合は、次のデータもあわせてリネームしてください。
    (インストールディレクトリ)/dze/file/DB/10 → (インストールディレクトリ)/dze/file/DB/10_bak
  • バックアップファイルを置き換える例:
    (インストールディレクトリ)/dze/data/db配下にバックアップファイルを配置します。
    • 10.dbm(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/dze/data/db/10.dbm(バックアップファイル)
      ファイルフィールドにファイルを添付している場合は、次のデータもあわせてリストアしてください。
      (インストールディレクトリ)/dze/file/DB配下にバックアップファイルを配置します。
    • 10(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/dze/file/DB/10(バックアップファイル)
ステップ4
メンテナンス時間を解除する (インストールディレクトリ)/ dze/data/以下にあるmaint ファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
ステップ5 Webブラウザーを起動してデヂエにアクセスし、動作確認する 次の項目を確認します。
  • バックアップした状態のデータを、正常に閲覧または表示できる。
  • 正常にデータを登録または変更できる。