マニュアルトップ > システム設定マニュアル > 各ライブラリの設定(ライブラリの情報、ライブラリ管理者、運用切替)を変更する

ライブラリの管理

各ライブラリの設定(ライブラリの情報、ライブラリ管理者、運用切替)を変更する

各ライブラリの設定を変更します。

  • 「ライブラリ運用管理」画面では、次の項目を確認できます。
    • 登録されているライブラリの件数
    • ライブラリ ID
    • ライブラリ名
    • ライブラリ情報
    • ライブラリ管理者
    • ライブラリ作成者
    • ライブラリの最終更新日時
    • ライブラリごとのレコード数
  • 「ライブラリ運用管理」画面では、次の項目を変更できます。
    • ライブラリ情報の設定
    • ライブラリ管理者
    • 本運用/仮運用の切り替え
補足

ライブラリ情報を変更する

各ライブラリのライブラリ情報を変更します。

  1. 「システム設定」画面で、ライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理ライブラリ運用管理の順にクリックする 「ライブラリ運用管理」画面が表示されます。
  1. ライブラリ情報を変更するライブラリの詳細詳細をクリックする 選択したライブラリの「ライブラリの情報」画面が表示されます。
    画面左上のプルダウンメニューで表示するフォルダを選択できます。
  1. 変更する変更するをクリックする 「ライブラリ情報の変更」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を変更し、変更するをクリックする

ライブラリ管理者を変更する

各ライブラリのライブラリ管理者を変更します。

  1. 「システム設定」画面で、ライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理ライブラリ運用管理の順にクリックする 「ライブラリ運用管理」画面が表示されます。
  1. ライブラリ管理者を変更するライブラリの変更する変更するをクリックする 選択したライブラリの「ライブラリ管理者の設定」画面が表示されます。
    画面左上のプルダウンメニューで表示するフォルダを選択できます。
  1. ライブラリ管理者を設定し、変更するをクリックする

ライブラリの運用を切り替える

各ライブラリの運用(本運用/仮運用)を切り替えます。

  1. 「システム設定」画面で、ライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理/ライセンスライブラリ運用管理ライブラリ運用管理の順にクリックする 「ライブラリ運用管理」画面が表示されます。
  1. 運用を切り替えるライブラリの仮運用へ本運用へをクリックする 選択したライブラリの「仮運用切り替え」/「運用の切り替え」画面が表示されます。
    画面左上のプルダウンメニューで表示するフォルダを選択できます。
  1. 運用を切り替える場合は、はいをクリックする

コマンドラインによりCSVファイルを入出力する

「デヂエ」のコマンドライン機能を使用して、ライブラリデータのCSVファイルの書き出し/読み込みができます。

  • コマンドラインによる操作は、サーバーの「Administrator」/「root」権限を持つユーザーが行ってください。

コマンドラインで、db.exe(db.cgi) を次のように実行してライブラリデータの書き出し/読み込みができます。

Windowsサーバーの場合

操作 コマンド
CSVファイル書き出し db.exe -csv -o (ファイルの絶対パス) -l (ライブラリID)-f
CSVファイル読み込み db.exe -csv -i (ファイルの絶対パス) -l (ライブラリID)-d -f

Linuxサーバーの場合

操作 コマンド
CSVファイル書き出し ./db.cgi -csv -o (ファイルの絶対パス) -l (ライブラリID) -f
CSVファイル読み込み ./db.cgi -csv -i (ファイルの絶対パス) -l (ライブラリID) -d -f
補足
  • コマンドラインによるCSVファイルの書き出しは、次の点に注意してください。
    • フィールドは全フィールド(レコード番号、登録日時、更新日時、登録者、更新者を含む)を出力します。
    • 出力ファイルがすでに存在している場合は、上書きします。
    • 出力ファイルが省略された場合は、書き出した内容が画面に出力されます。
    • -f オプションが設定されている場合は、先頭行にフィールド名を書き出します。
  • コマンドラインによるCSVファイルの読み込みは、次の点に注意してください。
    • 入力ファイルには全フィールド(レコード番号、登録日時、更新日時、登録者、更新者を含む)を記述してください。
    • レコード番号がすでに存在している場合は、レコードを更新します。存在しない、または空欄の場合は、レコードを新規登録します。
    • 入力ファイルの登録日時、更新日時、更新者は無効になります。
    • 更新者は空(ログイン前ユーザ)が設定されます。
    • 更新日時は実行時の時間が設定されます。
    • 新規登録の場合、登録者は入力ファイルの登録者、登録日時は実行時の時間が設定されます。
    • -d オプションが設定されている場合は、全レコードを削除後にレコードを新規登録し、新規登録完了後に最適化処理を実行します。コマンドの実行中はユーザーが「デヂエ」全体を利用できなくなります。
      -d オプションが設定されていない場合は、コマンドの実行中でも「デヂエ」は利用できます。ただし、指定したライブラリは利用できません。指定したライブラリ以外は、コマンドの実行中でも利用できます。
    • -f オプションが設定されている場合は、最初の行をフィールド名として読み込み処理を実行します。