マニュアルトップ > システム設定マニュアル > ライブラリログを確認する

ログの管理

ライブラリログを確認する

ライブラリログを確認します。

  • ライブラリログは、閲覧だけでなく、ライブラリごとに書き出す項目を設定したり、ライブラリ管理者による設定変更を許可するかどうかを設定したりできます。
  • 指定した期間のログをCSVファイルに書き出すことができます。
  • システムログについては、「システムログを確認する」を参照してください。

ライブラリログ保存の設定を変更する

ライブラリログ保存の設定を変更します。

  • ライブラリログを書き出す操作を設定したり、ライブラリ管理者の設定変更を許可するかどうかを設定したりします。
  • ログを書き出す操作の詳細や、ログファイルのフォーマットについては、『ライブラリ管理マニュアル』の「ライブラリログ保存の設定を変更する」を参照してください。
  1. 「システム設定」画面で、その他の運用管理その他の運用管理ライブラリログの表示ライブラリログの表示の順にクリックする 「ライブラリログの一覧」画面が表示されます。
    書き出す操作の設定がすでに設定されているライブラリは、「ログ出力」欄にチェックがついています。
    ライブラリ管理者への設定変更を許可しているライブラリは、「設定許可」欄にチェックがついています。
  1. ログ保存の設定を変更するライブラリの設定する設定するをクリックする 「ライブラリログの設定」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を設定し、設定するをクリックする

    ライブラリ保存設定の設定項目

    項目 説明
    保存操作 ログを書き出す操作にチェックを入れます。

    『ライブラリ管理マニュアル』の「ログに保存する操作について」

    ライブラリ管理者にライブラリログの設定変更を許可する ライブラリ管理者にライブラリログの設定変更を許可する場合は、チェックを入れます。
補足
  • ライブラリログ保存の設定変更時のログもライブラリログに書き出されます。ライブラリログ保存の設定のログは書き出すかどうかを切り替られません。

ライブラリログをCSVファイルに書き出す

指定したライブラリのライブラリログをCSVファイルに書き出します。

補足
  • 管理権限がないライブラリのライブラリログは、CSV ファイルへ書き出すことができません。ライブラリログを書き出す場合は、「ライブラリ運用管理/ライセンス」の「ライブラリ運用管理」でライブラリ管理者の設定を変更してから操作を行ってください。
  1. 「システム設定」画面で、その他の運用管理その他の運用管理ライブラリログの表示ライブラリログの表示の順にクリックする 「ライブラリログの一覧」画面が表示されます。
  1. ライブラリログを書き出すライブラリの書き出す書き出すをクリックする 「ライブラリログの書き出し」画面が表示されます。
  1. ログを書き出す期間を設定し、書き出すをクリックする ファイルの先頭行に項目名を書き出す場合は、「先頭行に項目名を書き出す」にチェックを入れます。
  1. ファイルを保存する 表示される画面にしたがって、ファイルを保存します。

ライブラリログを削除する

ライブラリログを削除します。

  1. 「システム設定」画面で、その他の運用管理その他の運用管理ライブラリログの表示ライブラリログの表示の順にクリックする 「ライブラリログの一覧」画面が表示されます。
  1. ログの操作で削除する基準となる日付を指定し、削除するをクリックする 「ライブラリログの削除」画面が表示されます。
  1. 削除する場合は、はいをクリックする
補足
  • 直接ログファイルを削除することで、ライブラリログを削除することもできます。
    直接ログファイルを削除する場合は、次のファイルを削除してください。
      削除するファイル:(インストールディレクトリ)/dze/file/DB/logs/(ライブラリID)/logYYYYMMDD.csv
    ※ログファイルは、ログが書き出される操作が行われた時点で日付ごとに作成されます。