ユーザーの管理

ユーザーを設定する

「デヂエ」を使用するユーザーを設定します。

  • 登録されているユーザーデータは、CSVファイルに書き出しておくことをお勧めします。また、大規模のユーザー情報の変更は、CSVファイルで行うと便利です。
  • ユーザー情報はシステム管理者のみ設定を変更できます。ただし、ユーザー自身によりパスワードの変更を許可した場合のみ、ユーザーは個人設定でログインパスワードを変更できます。
注意
  • 他のサイボウズ製品とユーザー情報を連携している場合は、「デヂエ」側でユーザー情報を変更できません。ユーザー情報の変更は連携先の製品で行ってください。
  • 「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」の場合、本設定は無効になります。ユーザーの設定は、「Office」のシステム設定で行ってください。
  • ユーザーを設定する前に、ユーザーが所属するグループを設定してください。
補足
  • ユーザー情報が登録されていないユーザーは、ログイン前ユーザーとしてのみ「デヂエ」を使用できます。
  • システム管理者/サポート登録者/ライブラリ管理者に設定するユーザーは、事前にユーザー情報が登録されている必要があります。

ユーザーを追加する

「デヂエ」を使用するユーザーを追加します。

  • 追加されているユーザー数は、「ユーザーの設定」画面上部の「現在のユーザー数」で確認できます。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 追加する追加するをクリックする 「ユーザーの追加」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を設定し、追加するをクリックする

    ユーザー情報の設定項目

    項目 説明
    名前 ユーザー名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    ログイン名 ログイン画面で必要なログイン名を入力します。
    ログイン方法を「ログイン名を入力する」に設定した場合に使用します。
    E-mail メールアドレスを入力します。
    サポート登録者は、E-mailの設定が必要です。
    パスワード 「デヂエ」にログインするためのパスワードを入力します。
    パスワード(確認用) 確認用に、パスワード欄と同じパスワードをもう一度入力します。
    所属するグループ ユーザーが所属するグループを選択します。 所属するグループは複数選択できます。
注意
  • ユーザー情報のログイン名について
    ユーザー情報のログイン名は、ログイン方法を「ログイン名を入力する」に設定している場合に使用します。また、「サイボウズリモートサービス」でシステム管理者としてログインする場合や、連携認証を利用する場合にも使用されます。必要に応じて設定してください。
  • ユーザー情報のE-mailについて
    ユーザー情報のE-mailは、メール通知の通知先に使用します。また、サポート登録者はE-mailの設定が必須です。必要に応じて設定してください。「メール通知の設定」画面では、E-mailを設定したユーザーのみユーザーリストに表示されます。また、E-mailを設定すると、「ユーザーの設定」画面で、ユーザー名の後ろに E-mailが表示されます。
  • すでに登録されているユーザー名を設定した場合は、別のユーザーとして認識されます。
  • 重複したログイン名は設定できません。
補足
  • 「パスワード」以外の項目は、100文字まで入力可能です。「パスワード」は半角で64文字まで設定可能です。

ユーザーを変更する

登録されているユーザー情報を変更します。

  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 変更するユーザーの変更する変更するをクリックする 「ユーザー情報の変更」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を変更し、変更するをクリックする

ユーザーの表示順を変更する

ユーザー選択時のプルダウンメニューに表示されるユーザーの表示順を変更します。

  • ユーザーの表示順は、グループごとに変更できます。
  • 初期設定では、ユーザーを追加した順番に表示されます。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 変更する順番を変更するをクリックする 「ユーザーの順番変更」画面が表示されます。
  1. 表示順を変更し、変更するをクリックする

ユーザーを削除する

登録されているユーザーを削除します。

注意
  • 削除したユーザーと同じユーザー情報のデータを登録しても、内部的に振り分けられているユーザーIDは変更されます。このため、ユーザーデータを元の状態に戻すことはできません。削除するときは、十分注意して削除してください。
  • ユーザーを削除すると
    • 削除されたユーザーに設定されたアクセス権/メール通知の設定/メール読み込みの受信許可リストも削除されます。
    • 「メニュー (ユーザー)」フィールドに設定されたユーザー名は選択できなくなります。このため、レコード追加時に「メニュー (ユーザー)」フィールドの登録が必須の場合、レコードを登録できなくなる場合があります。
  • 削除したユーザーは、元に戻すことはできません。重要なデータは、削除の前にバックアップを行い、保管しておくことをお勧めします。
補足
  • 既存のレコードにデータとして登録されているユーザー名は削除されません。
  • ユーザーを削除して、他にシステム管理者/ライブラリ管理者がいなくなった場合は、すべてのユーザーにシステム管理権限/ライブラリ管理権限が付与されます。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 削除するユーザーの削除する削除するをクリックする 「ユーザーの削除」画面が表示されます。
  1. 削除する場合は、はいをクリックする
補足
  • ユーザーの一括削除について
    「ユーザーの設定」画面で、「すべてのユーザーを削除する」をクリックすると、登録されているユーザーをまとめて削除できます。

ユーザーデータのCSVファイルを読み込む

ユーザーデータのCSVファイルを読み込みます。

  • ユーザー情報にあわせてグループ情報を読み込むこともできます。
注意
  • CSVファイルを作成するときの注意点について
    • ユーザーIDが既存ユーザーのIDと同じ場合、読み込むCSVファイルのユーザー情報が上書きされます。ユーザーIDは、各ユーザーの「個人設定」画面または、CSVファイルに書き出すことで確認できます。
    • ユーザーIDが空欄、または既存のユーザーIDと異なる場合、新規にユーザーを追加します。
    • パスワードの値が「*」の場合、既存のパスワードがそのまま採用されます。
    • 新規にユーザーを追加する場合、空欄もしく「*」のときは、パスワードを読み込みません。
    • ログイン名に既存ユーザーのログイン名と同じものが含まれている場合、そのCSVファイルは読み込まれません。
    • ユーザー情報に新しいグループ名が設定されている場合、新規グループとしてグループ情報が追加されます。
    • CSVファイルを読み込むときは、「CSVファイルを作成するときの注意点について」を参照してください。
補足
  • 「デヂエ」と「サイボウズ Office」パッケージ版では、CSVファイルの項目の並びが異なります。「サイボウズ Office」パッケージ版から書き出したユーザー情報/グループ情報は、項目の並びを「デヂエ」に合わせてから読み込んでください。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 「CSVファイルから読み込む」をクリックする 「CSVファイルからの読み込み」画面が表示されます。
  1. ユーザー情報欄に読み込むCSVファイルを指定し、読み込むをクリックする グループ情報を併せて読み込む場合は、グループ情報欄に読み込むCSVファイルを指定してください。
    入力欄に読み込むCSVファイルのファイルパスを直接入力することもできます。

ユーザーデータをCSVファイルに書き出す

登録されているユーザーデータをCSVファイルに書き出します。

  • 登録されているユーザーデータはCSVファイルに書き出しておくことをお勧めします。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 「CSVファイルへ書き出す」をクリックする 「CSVファイルへの書き出し」画面が表示されます。
  1. users.csvusers.csv をクリックする グループデータを書き出す場合は、groups.csvgroups.csvをクリックします。
  1. ファイルを保存する 表示される画面にしたがって、ファイルを保存します。

ユーザーのパスワード変更権限を変更する

ユーザー自身によるログインパスワードの変更を許可するかどうかを設定します。

  • 初期設定では、パスワード変更を許可するに設定されています。
  1. 「システム設定」画面で、ユーザー管理ユーザー管理ユーザーユーザーの順にクリックする 「ユーザーの設定」画面が表示されます。
  1. 許可する許可しないをクリックする
注意
  • ユーザーのパスワードの変更を許可していない場合は、パスワードの有効期限を設定してもユーザーのパスワードの有効期限は無効になります。
補足
  • ユーザーのパスワード変更を許可すると、「個人設定」画面にパスワードパスワードが表示されます。ユーザーは個人でパスワードを変更できます。