その他

外部公開時の注意点

「デヂエ」は、外部に公開しているサーバーで運用することも可能です。
ただし、「デヂエ」自体には、不正なアクセスを監視する機能やデータの保護機能は搭載されていません。


「デヂエ」を外部に公開して使用する場合は、次のような対応を推奨します。

運用面での注意

「デヂエ」は、ユーザーとして登録されていない人でも使用できます。
インターネット上に「デヂエ」を公開する場合は、次のようにログイン前ユーザーの権限を制限しておくことを推奨します。

  • ログイン前ユーザーの操作を許可しない
  • ログイン方法を「ログイン名を入力する」に設定する
  • システム管理者から「ログイン前ユーザー」を外す
    インストール直後の状態では、システム管理者は [全員] (ログイン前ユーザーを含む) に設定されています。
  • ログイン前ユーザーには、ライブラリおよびフォルダの作成権限を与えない
    インストール直後の状態では、ログイン前ユーザーもライブラリやフォルダを作成できます。
  • 各ライブラリのライブラリ管理者から「ログイン前ユーザー」を外す
    新しくライブラリを作成した状態では、ライブラリ管理者は [全員] (ログイン前ユーザーを含む) に設定されています。
  • フォルダにアクセス権を設定する
    インストール直後は、すべてのユーザーにすべてのフォルダが閲覧可能に設定されています。

環境面での注意

データの保護を強く求める場合は、次の項目についても検討してください。

  • SSL 対応の Webサーバーを利用する
  • 「デヂエ」にアクセスするまでに認証をかける