マニュアルトップ > インストールマニュアル > アンインストールする

Linux環境

アンインストールする

Linux環境にインストールされている「デヂエ」をアンインストールします。

  • アプリケーションを削除したあとに、必要に応じてデータを削除してください。
注意
  • アンインストールする前に、データをバックアップしておくことをお勧めします。
  • 削除したデータを、元に戻すことはできません。くれぐれもご注意ください。誤って削除してしまった場合、弊社ではサポート致しかねます。あらかじめご了承ください。
補足
  • アンインストールは、Root権限のあるユーザーで行ってください。

アプリケーションを削除する

「デヂエ」の実行ファイルなど、アプリケーションを削除します。

  1. スーパーユーザーでログインする

# su -

  1. アンインストールする「デヂエ」のインストールディレクトリに移動する 例)インストールディレクトリに「/var/www/cgi-bin/cbdb」を指定した場合

# cd /var/www/cgi-bin/cbdb

  1. アンインストーラー「uninstall_(インストール識別子)_cbdz」を実行する これでアンインストールは終了です。

# ./uninstall_(インストール識別子)_cbdz

データを削除する

アプリケーションを削除したあとに、不要になったデータを手動で削除します。

削除するデータは、次のとおりです。

  • (ドキュメントルートディレクトリ)/cbdb8 以下の全ファイルと全フォルダ
    (ドキュメントルートディレクトリ)は、使用しているWebサーバーの種類によって、初期設定が異なります。
  • (CGIディレクトリ)\(インストール識別子) 以下の全ファイルと全フォルダ
    (CGIディレクトリ)は、使用しているWebサーバーの種類によって、初期設定が異なります。
注意
  • 「デヂエ」を複数インストールしている場合、すべての「デヂエ」をアンインストールしないときは、(ドキュメントルートディレクトリ)/cbdb8 以下のファイルとフォルダは削除しないでください。使用中の「デヂエ」の画面が正しく表示されなくなります。
補足
  • 「デヂエ」のドキュメントルートディレクトリやインストールディレクトリ((CGIディレクトリ)/(インストール識別子))は、「システム設定」の「実行環境の診断」画面で確認できます。