マニュアルトップ > インストールマニュアル > バージョンアップする

Linux環境

バージョンアップする

Linux環境にインストールされている「デヂエ」をバージョンアップします。

注意
  • バージョンアップ作業は、ユーザーから製品へのアクセスが行われない状態で行ってください。
  • 「(インストールディレクトリ)/dze/page」は、バージョンごとに書き換えられるため、バックアップする必要はありません。
    「(インストールディレクトリ)/dze/page」ディレクトリには、製品のテンプレートファイルが格納されています。バージョンアップ後に旧バージョンのテンプレートファイルを戻すと、正常に動作しない可能性があります。バージョンアップ後は、「(インストールディレクトリ)/dze/page」ディレクトリを戻さないようにしてください。
  • お客様の利用形態により、インストーラーおよびインストール方法が異なります。利用形態を確認し、該当するインストーラーをダウンロードしてください。
  • Office 10とユーザー情報連携をする場合は、必ずデヂエをバージョン 8.1.0以降にしてから連携してください。
    古いバージョンのデヂエでは、Office 10とユーザー情報を連携できません。
    詳細は、次のよくあるご質問を確認してください。

最新版の「デヂエ 8」/「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」にバージョンアップする

最新版の「デヂエ 8」/「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」にバージョンアップします。

注意
  • リモートサービスを使用している場合は、製品のバージョンアップ後にリモートサービス側の利用製品を更新する必要があります。
    製品のみバージョンアップすると、リモートサービス経由でアクセスした場合に、画像やアイコンが表示されなくなる場合があります。

    リモートサービス:サイボウズ製品を更新する

  1. インストール環境を確認する
補足
  • Office 10とユーザー情報連携をする場合は、デヂエのインストールディレクトリが半角であることを確認してください。
    ディレクトリに全角が含まれているとユーザー情報を連携できません。
  1. ユーザーの「デヂエ」へのアクセスを一時的に中止する データベースファイルの破損を防ぐために、「デヂエ」でメンテナンス時間を設定するか、ユーザーから「デヂエ」へのアクセスが行われない状態でバージョンアップを行ってください。

    『システム設定マニュアル』の「メンテナンス時間を設定する」

  1. 「デヂエ」のデータファイルをバックアップする バージョンアップの直前には必ず、データファイルのバックアップを行ってください。
    バックアップの対象となるデータは、次のとおりです。
    • (インストールディレクトリ)/dze/data/
    • (インストールディレクトリ)/dze/file/

    『システム設定マニュアル』の「データをバックアップする」

  1. 「デヂエ 8」を上書きインストールする 新規にインストールする場合と同様の手順(手順2~8)を実行してください。
    バージョンアップ前の製品を使用している環境のインストール識別子/CGI ディレクトリを設定します。
  1. 「Y」を入力し、Enter キーを押す バージョンアップを中止する場合は、「Q」を入力してEnterキーを押し、インストールを中止します。
    指定したディレクトリには、旧バージョンの製品がインストールされています。
    サイボウズ(R) デヂエ 8 をインストールすると、これらの製品は使用できなくなります。
     
    サイボウズ(R) デヂエ 8 をこのディレクトリにインストールしますか?
     
    [Y](インストール) / [N](インストール識別子を変更) / [Q](インストールを中止) :
  1. 引き続き、「デヂエ 8」を上書きインストールする 新規にインストールする場合と同様の手順(手順9~12)を実行してください。
    バージョンアップ前の製品を使用している環境のドキュメントルートディレクトリ/Webサーバーの実行ユーザー名を設定します。
  1. メンテナンス時間を解除する メンテナンス時間の解除の操作は、手順2と同じWebブラウザーで行ってください。

    『システム設定マニュアル』の「メンテナンス時間を解除する」

  1. 動作を確認する Webブラウザーを起動して「デヂエ」にアクセスし、次の項目を確認してください。
    • 正常に動作する
    • バージョンアップ前のデータを、正常に閲覧/表示できる
    • ログイン画面下部のバージョン番号が、最新のバージョンになっている

    『ユーザーマニュアル』の「ログインする」

「デヂエ 6」以前の製品から「デヂエ 8」にバージョンアップする

注意
  • リモートサービスを使用している場合は、製品のバージョンアップ後にリモートサービス側の利用製品を再登録する必要があります。
    製品のみバージョンアップすると、画像やアイコンが表示されなくなる場合があります。
  1. バージョンアップ準備が整っているかどうかを確認する
  1. バージョンアップ前の製品のインストールディレクトリとインストール識別子を確認する インストールディレクトリとインストール識別子は、「システム設定」の「実行環境の診断」画面の「Dir」欄で確認できます。
  1. メンテナンス時間を設定し、製品へのアクセスを一時的に中止する データベースファイルの破損を防ぐために、バージョンアップ前の製品でメンテナンス時間を設定するか、ユーザーから製品へのアクセスが行われない状態でデータのバックアップ作業を行ってください。
    ※メンテナンス時間の設定は、「デヂエ 4.0」以降に搭載された機能です。
    ※「デヂエ 3.0」以前の製品からバージョンアップしている場合は、手順4に進んでください。
  1. バージョンアップ前の製品のデータファイルをバックアップする バージョンアップの直前には必ず、データファイルのバックアップを行ってください。
    バックアップの対象となるデータは、次のとおりです。
    • (インストールディレクトリ)/data ディレクトリ
    • (インストールディレクトリ)/file ディレクトリ
  1. 「デヂエ 8」を上書きインストールする 新規にインストールする場合と同様の手順(手順2~8)を実行してください。
    バージョンアップ前の製品を使用している環境のインストール識別子/CGI ディレクトリを設定します。
  1. 「Y」を入力し、Enter キーを押す バージョンアップを中止する場合は、「Q」を入力してEnterキーを押し、インストールを中止します。
    指定したディレクトリには、旧バージョンの製品がインストールされています。
    サイボウズ(R) デヂエ 8 をインストールすると、これらの製品は使用できなくなります。
     
    サイボウズ(R) デヂエ 8 をこのディレクトリにインストールしますか?
     
    [Y](インストール) / [N](インストール識別子を変更) / [Q](インストールを中止) :
  1. 引き続き、「デヂエ 8」を上書きインストールする 新規にインストールする場合と同様の手順(手順9~11)を実行してください。
    バージョンアップ前の製品を使用している環境のインストールディレクトリを設定します。
  1. Web ブラウザーを起動してデータコンバート画面にアクセスし、実行するをクリックして、データをコンバートする データコンバート画面が表示された場合、バージョンアップは正常に終了しています。
    データコンバート画面へのアクセスは、手順3と同じWebブラウザーで行ってください。
    コンバート時のアクセスURLの例
    http://(サーバーの IP アドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbdb/db.cgi?page=DBConvert
    ※cbdbの部分はインストール識別子になります。
    データのコンバート
  1. コンバート結果を確認し、ホームへホームへをクリックする コンバート内容の詳細については、「コンバート内容について」を参照してください。
  1. メンテナンス時間を解除する 「デヂエ」にアクセスできる状態に戻すため、メンテナンス時間を解除します。
    ※「デヂエ 3.0」以前の製品からバージョンアップしている場合は、手順11に進んでください。
    メンテナンス時間の解除の操作は、手順3と同じWebブラウザーで行ってください。
  1. 動作確認を行う Web ブラウザーを起動して「デヂエ」にアクセスし、次の項目を確認します。
    • 正常に動作する
    • バージョンアップ前のデータを、正常に閲覧/表示できる
    • 画面下部のバージョン番号が、最新のバージョンになっている

    『ユーザーマニュアル』の「ログインする」

補足
  • コンバート中には、他のユーザーが「デヂエ」にアクセスしても、「コンバート処理中」のメッセージが表示され、「デヂエ」を使用できません。
  • コンバート内容について
    • 「デヂエ 6」から「デヂエ 8」へのデータコンバートでは、バージョン番号のみ変更されます。
    • 「デヂエ 6」より前の製品からのコンバート内容は、「データコンバート」を参照してください。

「デヂエ 6」以前の製品から「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」にバージョンアップする

注意
  • バージョンアップ前の製品が、ユーザー情報を連携していない場合は、バージョンアップ後はアクセス権などの設定が無効になります。無効になる設定については、「ユーザー情報連携で無効になる設定について」を参照してください。ただし、バージョンアップ前の製品が、連携先の「サイボウズ Office」とユーザー情報を連携している場合は、すべての設定を引き継いだままバージョンアップ後の製品を使用できます。
  • 「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」にバージョンアップした場合は、製品のアクセスURLが変更になります。バージョンアップ作業後、製品を使用する各ユーザーにアクセスURLの変更を連絡してください。
  • リモートサービスを使用している場合は、製品のバージョンアップ後にリモートサービス側の利用製品を再登録する必要があります。
    製品のみバージョンアップすると、画像やアイコンが表示されなくなる場合があります。
  1. 「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」をインストールする
  1. バージョンアップ前の製品のdataフォルダとfileフォルダを、手順1でインストールした「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」に上書きコピーする

    バージョンアップ前の製品のフォルダ

    • (インストールディレクトリ)/data ディレクトリ
    • (インストールディレクトリ)/file ディレクトリ

                           ↓  上書き  ↓

    手順1でインストールした「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」のフォルダ

    • (インストールディレクトリ)/dze/data ディレクトリ
    • (インストールディレクトリ)/dze/file ディレクトリ
  1. Web ブラウザーを起動して「デヂエ」にアクセスし、実行するをクリックして、データをコンバートする

    『ユーザーマニュアル』の「ログインする」

    データのコンバート
  1. コンバート結果を確認し、ホームへホームへ をクリックする コンバート内容の詳細については、「コンバート内容について」を参照してください。
  1. 次に、設定内容を確認する>>をクリックする
    ユーザー情報の連携 Step1/2
  1. 連携するをクリックする
  1. 動作確認を行う Web ブラウザーを起動して「デヂエ」にアクセスし、次の項目を確認します。
    • 正常に動作する
    • バージョンアップ前のデータを、正常に閲覧/表示できる
    • 画面下部のバージョン番号が、最新のバージョンになっている

    『ユーザーマニュアル』の「ログインする」

  1. バージョンアップ前の製品をアンインストールする