マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > ライブラリを追加する

ライブラリの作成

ライブラリを追加する

目的のフォルダにライブラリを追加します

注意
  • システム管理の設定により、ライブラリの作成権限がないユーザーは、ライブラリを追加できません。
  • フォルダ内に同じライブラリ名やサブフォルダ名がある場合、そのライブラリ名は設定できません。

ライブラリを追加する

新規にライブラリを追加します。

注意
  • 「デヂエ」にログインしていない場合は、ライブラリの追加時にライブラリ管理者を設定できません。
  1. ライブラリを追加するフォルダの「ライブラリ一覧」画面を表示する
  1. ライブラリを追加するライブラリを追加するをクリックする 「ライブラリの追加」画面が表示されます。
  1. 新規に追加するをクリックする 「ライブラリの追加 - Step 1/2」画面が表示されます。
  1. ライブラリ情報を設定し、次に、フィールドを設定する >>をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 2/2」画面が表示されます。

    ライブラリ情報の設定項目

    項目 説明
    ライブラリ名 ライブラリ名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    メモ ライブラリのメモを入力します。
    書式編集機能を使用する場合は、「書式編集」を選択します。
    ライブラリ管理者 ライブラリ管理者を設定します。
    ※「デヂエ」にログインしていない場合は、設定できません。
  1. フィールドを設定し、追加するをクリックする 「ライブラリの追加完了」画面が表示されます。
    手順1で選択したフォルダの一番下にライブラリが追加されます。

    フィールドの設定項目

    項目 説明
    フィールド名 フィールド名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    フィールドタイプ 追加するフィールドのフィールドタイプを選択します。
    コメント(説明文) フィールドのコメント(説明)を入力します。
    フィールドを追加する フィールドを増やす場合にクリックします。
    削除する フィールドを削除する場合にクリックします。
  1. 追加したライブラリの初期設定を設定する

    ライブラリの初期設定

    項目 説明
    基本設定を行う 基本設定を行う ライブラリの基本設定を行います。
    レコード一覧画面を表示する レコード一覧画面を表示する 追加したライブラリの「レコード一覧」画面を表示します。
    レコードを登録する レコードを登録する 追加したライブラリの「レコードの新規登録」画面を表示します。
    詳細設定を行う 詳細設定を行う 追加したライブラリの「ライブラリ管理」画面を表示します。
補足
  • ライブラリの基本設定について
    手順6で、基本設定を行う基本設定を行うをクリックすると、下記の項目を設定できます。
    設定画面で、次に、○○する >>をクリックすると、次の設定画面が表示され、設定を完了するをクリックすると、その時点で基本設定を完了します。
    • ライブラリのアイコンとデザインの選択
    • ライブラリのアクセス権の設定
    • フィールドの詳細情報の設定
      追加したフィールドに「メニュー (文字列)」「メニュー(ユーザー)」「ラジオボタン」が含まれている場合に設定します。
    上記の設定は、あとで変更できます。
    詳細は、次のページを参照してください。
  • 基本設定の「ライブラリの設定 - Step 3/3」画面では、次の画面が表示されます。画面の説明を確認し、引き続き行う設定のリンクをクリックしてください。
    ライブラリの設定 Step3/3

テンプレートからライブラリを追加する

テンプレートを選択し、ライブラリを追加します。

注意
  • テンプレートからライブラリを追加した場合、初期設定では「全員」がライブラリ管理者に設定されます。ライブラリ作成後に、まずライブラリ管理者を設定することをお勧めします。
  • テンプレートからライブラリを追加した場合、次の設定は無効になります。
    • メール読み込みの設定
  1. 「ホーム」画面で、(テンプレート一覧)(テンプレート一覧)をクリックする 「テンプレート一覧」画面が表示されます。
  1. 追加するテンプレートのライブラリを追加するをクリックする 「ライブラリの追加」画面が表示されます。
    テンプレートのライブラリ情報を確認する場合は、(テンプレート名)(テンプレート名)をクリックします。
    「テンプレート詳細」画面でライブラリを追加するをクリックしても、「ライブラリの追加」画面を表示できます。
  1. ライブラリ情報を設定し、追加するをクリックする 位置で選択したフォルダの一番下にライブラリが追加されます。

    ライブラリ情報の設定項目

    項目 説明
    ライブラリ名 ライブラリ名を入力します。
    位置 ライブラリを追加するフォルダを選択します。
    メモ ライブラリのメモを入力します。
    書式編集機能を使用する場合は、「書式編集」を選択します。
補足
  • 「ライブラリを追加する」の手順3でテンプレートから追加するをクリックしても、テンプレートからライブラリを追加できます。

DBMファイルからライブラリを追加する

DBMファイルを読み込んで、ライブラリを追加します。

注意
  • DBMファイルには、レコードのデータが含まれています。このため、11 個以上レコードが登録されたDBMファイルの読み込みは、システム管理者または運用切替権限のあるユーザーのみ実行できます。
  • DBMファイルは、ファイル書き出し時に無効になる設定があります。
  1. ライブラリを追加するフォルダの「ライブラリ一覧」画面を表示する
  1. ライブラリを追加するライブラリを追加するをクリックする 「ライブラリの追加」画面が表示されます
  1. DBMファイル(*.dbm)から追加する をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 1/2」画面が表示されます。
  1. 読み込むDBMファイルを選択し、次に、内容を確認する >>をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 2/2」画面が表示されます。
  1. 内容を確認し、追加する をクリックする 手順1で選択したフォルダの一番下にライブラリが追加されます。
    追加するライブラリの運用は、レコードが10個以下の場合は仮運用、11個以上の場合は本運用になります。
補足
  • フォルダ内に同じライブラリ名やサブフォルダ名がある場合、そのライブラリ名は「(DBM ファイル名) - (番号)」として設定されます。

CSVファイルからライブラリを追加する

CSVファイルのレコードデータを読み込むライブラリを追加します。

注意
  • 「デヂエ」にログインしていない場合は、ライブラリの追加時にライブラリ管理者を設定できません。
  • CSVファイルを読み込むときの注意点については、「CSVファイル読み込み時の注意点」を参照してください。
  • CSVファイルからライブラリを追加する場合、設定するフィールドに「自動計算」/「時間計算」/「自動採番」/「自動ルックアップ」のフィールドタイプは選択できません。
  1. ライブラリを追加するフォルダの「ライブラリ一覧」画面を表示する
  1. ライブラリを追加するライブラリを追加する をクリックする 「ライブラリの追加」画面が表示されます
  1. CSVファイル(*.csv)から追加する をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 1/4」画面が表示されます。
  1. 読み込むCSVファイルを選択し、次に、内容を確認する >>をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 2/4」画面が表示されます。
  1. 読み込むレコード情報と、先頭行をフィールド名とするかどうかを設定し、
    次に、ライブラリ情報を設定する >> をクリックする
    「ライブラリの追加 - Step 3/4」画面が表示されます。
    画面上部に読み込もうとしているCSVファイルの内容が最大で5行分表示されます。

    レコード情報と先頭行の設定項目

    項目 説明
    レコード情報 読み込むレコード情報にチェックを入れます。
    CSVファイルに含まれていない項目はチェックを外します。
    ファイルの先頭行 CSVファイルの先頭行をフィールド名とする場合は、「先頭行をフィールド名にする」にチェックを入れます。
  1. ライブラリ情報とフィールド定義を設定入力し、次に、設定内容を確認する >> をクリックする 「ライブラリの追加 - Step 3/4」画面が表示されます。

    フィールド定義の設定項目

    項目 説明
    フィールド名 フィールド名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    フィールドタイプ 追加するフィールドのフィールドタイプを選択します。
  1. 内容を確認し、追加する をクリックする 手順1で選択したフォルダの一番下にライブラリが追加されます。
    追加したライブラリの運用は、レコードが10個以下の場合は仮運用、11個以上の場合は本運用になります。