マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > ライブラリ管理者の操作について

ライブラリ管理者の操作

ライブラリ管理者の操作について

ライブラリ管理者が実行できる操作について説明します。

  • ライブラリ管理者は、「ライブラリ管理」画面での管理機能の操作以外に、「レコード詳細」画面など(ユーザーの操作画面)でいくつかの操作の権限を与えられています。

レコード登録者を変更する

レコード登録者を変更します。

  • ライブラリ管理者は、「レコード詳細」画面や、レコード詳細表示形式の「レコード一覧」画面でレコード登録者を変更できます。
  • メール通知の設定で「レコード登録者にも通知する」にチェックを入れている場合、レコード登録者を変更すると、通知先のユーザーが変更されます。ご注意ください。
  1. レコード登録者を変更するレコードの「レコード詳細」画面を表示する レコード詳細表示形式のライブラリは、「レコード一覧」画面でも同様の操作が可能です。
  1. 登録者欄の[変更する]をクリックする 「レコード登録者の変更」画面が表示されます。
    レコード登録者の変更
  1. レコード登録者を変更し、変更するをクリックする
補足

編集中のロックを解除する

編集中のロックを解除します。

  • ライブラリ管理者は、レコードの編集ロックを強制的に解除できます。
  • 編集ロックを解除すると、他のユーザーも編集が可能になります。ご注意ください。
  1. 編集ロック中のレコードの「レコード詳細」画面を表示する
  1. ロック解除をクリックする 「レコードのロック解除」画面が表示されます。
    レコードのロック解除
  1. ロックを解除する場合は、はいをクリックする
補足
  • 「レコード一覧」画面から、編集ロック中のレコードを編集しようとすると、次の画面が表示されます。
    ロックを解除をクリックし、ロックを解除することもできます。
    ロック解除

レコードコメントを削除する

レコードコメントを削除します。

  • ライブラリ管理者は、他のユーザーが書き込んだレコードコメントも削除できます。
  • ログイン前ユーザーが書き込んだコメントを削除できるのは、ライブラリ管理者だけです。
  1. レコードコメントを削除するレコードの「レコード詳細」画面を表示する
  1. 削除するコメントの削除する削除するをクリックする 「コメントの削除」画面が表示されます。
    コメントの削除
  1. 削除する場合は、はいをクリックする