マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > レコードコピーを設定する

各種機能の設定

レコードコピーを設定する

レコードコピーを設定します。

  • レコードコピーでは、ファイルデータも含めた全レコード、または絞り込み/検索したレコードを、任意のライブラリにコピーできます。これにより、ライブラリ結合・分割が可能になり、レコード分割によるライブラリの軽量化が図れます。ただし、レコードコメントはコピーされません。
  • 「レコードコピー」を設定しても、メニューにレコードコピーを表示していない場合は、「レコード一覧」画面にレコードコピーのメニューは表示されません。
  • レコードコピーのアクセス権については、「ツールメニューのアクセス権を設定する」を参照してください。

レコードコピーを追加する

レコードコピーを追加します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定レコードコピーレコードコピーの順にクリックする 「レコードコピーの設定」画面が表示されます。
  1. 追加する追加するをクリックする 「レコードコピーの追加」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を設定し、追加するをクリックする

    レコードコピーの設定項目

    項目 説明
    レコードコピー名 レコードコピーの設定名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    設定したコピー設定名は、コピー設定名メニューに表示されます。
    コピー先ライブラリ コピー先のライブラリを選択します。
    ここで選択したライブラリにコピーしたレコードが追加されます。
    コピーするフィールド コピー先とコピー元のそれぞれのフィールドを選択します。 コピーするフィールドを追加する場合は、フィールドを増やすをクリックし、コピー先とコピー元のそれぞれのフィールドを選択してください。
注意
  • 手順3で、同じフィールドは複数指定できません。
補足
  • 手順3のコピー先ライブラリには、次のライブラリが表示されます。
    • コピー元ライブラリではない
    • コピー先フォルダへのアクセス権がある
    • コピー先となるライブラリに対して管理者権限がある

レコードコピーをコピーする

レコードコピーをコピーして追加します。

  • すでに追加されているレコードコピーの設定と同じ条件のレコードコピーを追加できます。
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定レコードコピーレコードコピーの順にクリックする 「レコードコピーの設定」画面が表示されます。
  1. コピーするレコードコピーのコピーをクリックする レコードコピー一覧の一番下に、コピーしたレコードコピーが追加されます。

レコードコピーを変更する

追加されているレコードコピーの設定条件を変更します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定レコードコピーレコードコピーの順にクリックする 「レコードコピーの設定」画面が表示されます。
  1. 変更するレコードコピーの変更変更をクリックする 「レコードコピーの変更」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を変更し、変更する をクリックする

レコードコピーの表示順を変更する

レコードコピー一覧の表示順を変更します。

  • 「レコードコピー」画面に表示されるコピー設定名メニューの順番は、レコードコピー一覧の表示順と同じ順番になります。
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定レコードコピーレコードコピーの順にクリックする 「レコードコピーの設定」画面が表示されます。
  1. 変更順番を変更するをクリックする 「レコードコピーの順番変更」画面が表示されます。
  1. 表示順を変更し、変更する をクリックする

レコードコピーを削除する

追加されているレコードコピーを削除します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定レコードコピーレコードコピーの順にクリックする 「レコードコピーの設定」画面が表示されます。
  1. 削除するレコードコピーの削除削除をクリックする 「レコードコピーの削除」画面が表示されます。
  1. 削除する場合は、はい をクリックする