マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > ライブラリ情報を確認/変更する

ライブラリの作成

ライブラリ情報を確認/変更する

ライブラリ情報を確認する

ライブラリ情報を確認します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの情報ライブラリの情報をクリックする 「ライブラリの情報」画面が表示されます。
  1. ライブラリ情報を確認する

    ライブラリ情報

    項目 説明
    ライブラリ名 ライブラリ名です。
    ライブラリID ライブラリ追加時に「デヂエ」が自動的に付加する番号です。
    ライブラリ管理者は変更できません。
    位置 ライブラリが追加されているフォルダです。
    メモ ライブラリのメモです。
    ライブラリ管理者 ライブラリ管理者です。
    作成者 ライブラリの作成者です。
    ライブラリ作成者がログイン前ユーザーの場合は、作成者欄は空欄となります。
    作成日時 ライブラリの作成日時です。
    更新日時 レコードの登録やライブラリ管理の設定変更など、ライブラリに変更があった最終日時です。
    レコード数 登録されているレコードの総数です。
    運用 現在の運用状態が表示されます。
    システム管理者または、運用切替の権限があるユーザーは、本運用仮運用をクリックし、ライブラリの運用を切り替えられます。
    ロック時間 レコードの編集時にロックする時間です。
補足
  • ライブラリ情報は、「レコード一覧」画面でライブラリの詳細ライブラリの詳細をクリックしても確認できます。
  • ライブラリIDについて
    ライブラリIDは、リレーションやレコードコピーの設定画面で、ライブラリ名のあとに(ID=○○)として表示されます。ライブラリの一覧が表示されるメニューでは、ライブラリはライブラリIDの昇順で表示されます。
  • レコードコメントを書き込んだり、運用を切り替えたりしても、最終更新日時は更新されません。

ライブラリ情報を変更する

ライブラリ情報を変更します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの情報ライブラリの情報をクリックする 「ライブラリの情報」画面が表示されます。
  1. 変更する変更するをクリックする 「ライブラリ情報の変更」画面が表示されます。
  1. 必要な項目を変更し、変更するをクリックする

    ライブラリ情報の変更設定項目

    項目 説明
    ライブラリ名 ライブラリ名を入力します。
    位置 ライブラリが追加されるフォルダを選択します。
    ライブラリ管理者 ライブラリ管理者を選択します。
    メモ ライブラリのメモを入力します。
    書式編集機能を使用する場合は、「書式編集」を選択します。
    レコード編集時にロックする時間 レコードの編集時にロックする時間を選択します。
注意
  • ライブラリの位置を変更する場合は、次の点に注意してください。
    • フォルダを移動した場合、移動先のフォルダのアクセス権が適用されます。
    • アクセス権限のないフォルダへは移動できません。
補足
  • フォルダ内に同じライブラリ名やサブフォルダ名がある場合、そのライブラリ名には変更できません。

ライブラリ管理者を変更する

ライブラリ管理者を変更します。

  • 特定のグループを指定し、そのグループに所属するユーザー全員をライブラリ管理者に設定することもできます。
注意
  • ライブラリ管理者から操作している本人を削除できません。
  • 「デヂエ」にログインしていない場合は、ライブラリ管理者の設定を変更できません。
補足
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの情報ライブラリの情報をクリックする 「ライブラリの情報」画面が表示されます。
  1. 変更する変更するをクリックする 「ライブラリ情報の変更」画面が表示されます。
  1. ライブラリ管理者欄でライブラリ管理者を変更し、変更する をクリックする

レコード編集時のロック時間を変更する

レコード編集時のロック時間を変更します。

  • レコード編集時に、他のユーザーがレコードを編集できないようにロックする時間を設定できます。
  • 設定したロック時間を過ぎても、レコードの編集が終了しない場合、ロック時間は解除されます。
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの情報ライブラリの情報をクリックする 「ライブラリの情報」画面が表示されます。
  1. 変更する変更するをクリックする 「ライブラリ情報の変更」画面が表示されます。
  1. ロック時間欄で編集ロック時間を選択し、変更するをクリックする
補足
  • レコード編集時間の初期値は、「5分間」に設定されています。
  • ライブラリ管理者は、本設定に関わらず、ロックを解除できます。