マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > ライブラリログを設定する

ログの設定

ライブラリログを設定する

どの操作が行われた場合にログに保存するかを設定します。

  • ライブラリログは、利用頻度の測定や情報漏洩の対策などに利用できます。
  • ライブラリに対する基本的な操作について、「いつ」「誰が」「何をした」といった情報をログに保存します。
  • ライブラリログは、書き出す期間を指定し、CSV ファイルに書き出すことができます。
注意
  • 初期設定では、すべての操作のチェックが外れているため、ログは保存されていません。
  • システム設定により、ライブラリ管理者にライブラリログの保存設定の変更が許可されていない場合があります。
補足
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリログライブラリログライブラリログの設定ライブラリログの設定の順にクリックする 「ライブラリログの設定」画面が表示されます。
  1. ログを保存する操作にチェックを入れ、設定するをクリックする
補足
  • システム設定により、ライブラリ管理者にライブラリログの保存設定の変更が許可されていない場合は、設定内容のみ確認できます。
補足
  • ログに保存する操作について
    次の項目から、ログに保存する操作を選択できます。

    ログに保存できる操作

    項目 説明
    レコード一覧画面表示 次の操作時に、ログが保存されます。
    • 「レコード一覧」画面の表示
    • 「簡易検索結果」画面の表示
    • 「詳細検索結果」画面の表示
    • ソートの実行/ソート順の切替
    • 絞り込みの切替
    • レコード一覧ビューの切替
    • ダイレクト表示の表示
    • 次の N 件/先頭/末尾のクリック
    • リンクリストの表示/非表示の切替
    ※Webブラウザーで、「再読み込み」操作を実行した場合もログに保存されます。
    レコード詳細画面表示 次の操作時に、ログが保存されます。
    • 「レコード詳細」画面の表示
    • フィールドレイアウトの切替
    • 先頭/前/次/末尾のクリック
    • My リンクリストの表示/非表示の切替
    • レコードの登録 (確認画面)
    • レコードの編集 (確認画面)
    • レコード登録者変更 (確認画面)
    ※Webブラウザーで、「再読み込み」操作を実行した場合もログに保存されます。
    集計画面表示 次の操作時に、ログが保存されます。
    • 「集計」画面の表示
    • ソートの実行/ソート順の切替
    • 絞り込みの切替
    ※Webブラウザーで、「再読み込み」操作を実行した場合もログに保存されます。
    レコード登録 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードの登録
    レコード編集 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードの編集
    レコード削除 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードの1件削除
    • レコードの一括削除
    ※レコードの一括削除は、レコードが1件も削除されなかった場合でもログに記録されます。
    レコードコメント書き込み 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードコメントの書き込み
    レコードコメント削除 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードコメントの削除
    レコード一括編集 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードの一括編集
    ※レコードの一括編集は、1件以上のデータ変更が行われた場合のみログに記録されます。
    再ルックアップ 次の操作時に、ログが保存されます。
    • 再ルックアップの実行
    ※再ルックアックは、データが1件も変更されなかった場合でもログに記録されます。
    メール読み込み 次の操作時に、ログが保存されます。
    • メール読み込みの実行
    ※メール読み込みは、1件以上のデータが読み込まれた場合のみログに記録されます。
    ライブラリのデータ入出力 次の操作時に、ログが保存されます。
    • CSVファイルの読み込み
    • CSVファイルへの書き出し
    • XMLファイルへの書き出し
    • DBMファイルへの 書き出し
    • コマンドラインによる、CSVファイルの読み込み
    • コマンドラインによる、CSVファイルの書き出し
    • RSSファイルの取得 (参照)
    ※CSVファイルの読み込みは、1件以上のレコードが読み込まれた場合のみログに記録されます。
    ※DBMファイルへの書き出しは、システム設定の「ライブラリファイルの最適化」画面でDBMファイルをダウンロードした場合にもログに記録されます。
    ※RSSファイルの取得は、「RSS書き出し」画面で表示されている、各RSS通知のページを表示した場合にログに記録されます。
    レコードコピー 次の操作時に、ログが保存されます。
    • レコードコピーの実行
    • レコードコピー実行によるレコードの追加
    ライブラリログ設定 次の操作時に、ログが保存されます。
    • ライブラリログの設定の変更
    ※ライブラリログ設定のログは必ずログに記録されます。