マニュアルトップ > ライブラリ管理マニュアル > メール読み込みを設定する

各種機能の設定

メール読み込みを設定する

メール読み込みの設定を変更し、メール読み込みを実行します。

  • メール読み込みの設定では、受信するメールサーバーの設定や受信許可するサイズやアドレスを設定できます。

メール読み込みの設定項目

項目 説明
受信メールサーバー メール読み込みで使用する受信メールサーバーと受信用のアカウントを設定します。
受信するメールのサイズ制限 受信するメールのサイズを制限します。
受信を許可するアドレスの設定 受信を許可するアドレス/ドメインを制限します。
スパムメールの設定 受信許可されていないメールをサーバーから削除するかどうかを設定します。
メールヘッダの読み込み書式 メールヘッダ(From、Subject、Date)をどのフィールドに読み込むかを設定します。
メール内容の読み込み書式 メールの内容(本文、添付ファイル、ソース)をどのフィールドに読み込みかを設定します。
注意
  • メール読み込みの設定は、条件を設定しても機能自体を有効にしていない場合は、メール読み込みを実行できません。機能が有効になっているかどうかを確認してください。
  • 読み込むメールの制限事項については、「受信メールの制限事項」を確認してください。
補足
  • メール読み込みとは
    指定したメールアドレス宛のメールを受信すると、受信したメールをレコードとして登録できます。

メール読み込みを有効にする

メール読み込み機能を有効にします。

  • 読み込み条件を設定しても機能自体を有効にしていない場合は、メール読み込みは実行できません。メール読み込み機能を使用する場合は、機能自体が有効になっているかどうかを確認してください。
  • 読み込み条件を設定していない場合、本操作は実行できません。
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定メール読み込みメール読み込みの順にクリックする 「メール読み込みの設定」画面が表示されます。
  1. 有効にするをクリックする メール読み込み機能を無効にする場合は、無効にするをクリックする

メール読み込みを設定する

メール読み込みの条件を設定します。

補足
  • 受信メールサーバーはPOP3サーバーに対応しています。(APOP 認証に対応しています。)
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定メール読み込みメール読み込みの順にクリックする 「メール読み込みの設定 - Step 1/4」画面が表示されます。
  1. 受信メールサーバーを設定し、次に、受信許可するメールを設定する >>をクリックする 「メール読み込みの設定 - Step 2/4」画面が表示されます。

    受信メールサーバーの設定項目

    項目 説明
    受信メールサーバー名(POP3) 受信メールサーバー (POP3) のIPアドレス、またはホスト名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    POP3 サーバーがAPOP認証に対応している場合は、「APOP認証を行う」にチェックを入れます。
    POP3サーバーにメールを残す場合は、「受信メールサーバー(POP3)にメールを残す」チェックを入れます。
    ※POP3サーバーにメールを残す場合、POP3 サーバーを圧迫する可能性があります。POP3サーバーにはメールを残さないことをお勧めします。
    POP3アカウント名 受信メールサーバー (POP3) へのアカウント名を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    POP3パスワード 受信メールサーバー (POP3) へのパスワードを入力します。 必須項目です。必ず入力してください。
    POP3接続ポート番号 受信メールサーバー (POP3) が使用するポート番号を入力します。
    必須項目です。必ず入力してください。
    初期設定では「110」です。
    サイズの制限 一度の操作で受信する、1通あたりのメールのサイズの上限を選択します。
  1. 受信許可リストを設定し、次に、読み込み書式を設定する >>をクリックする 「メール読み込みの設定 - Step 3/4」画面が表示されます。

    受信許可リストの設定項目

    項目 説明
    指定受信 受信許可するアドレスおよびドメインを限定する場合は、「受信許可リストのメールのみ読み込む」にチェックを入れます。
    受信許可リスト 受信を許可するメールアドレスおよびドメインを設定します。
    メールアドレスおよびドメインを指定する場合
     メールアドレス/ドメインを入力し、←追加をクリックします。
    受信を許可するユーザーを指定する場合
     ユーザーを選択し、←追加をクリックします。 受信許可リストから項目を削除する場合
     削除する対象を選択し、リストから削除をクリックします。
    その他のメール 許可されていないメールを受信すると、自動的にメールを削除する場合は、「受信許可リスト以外のメールをサーバーから削除する」にチェックを入れてください。
  1. メールヘッダの読み込み書式を設定し、次に、読み込み書式(メール本文)を設定する >>をクリックする 「メール読み込みの設定 - Step 4/4」画面が表示されます。

    メールヘッダ読み込み書式の設定項目

    項目 説明
    「差出人 (From)」 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「文字列 (1行)」フィールドのみ指定できます。
    「件名 (Subject)」 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「文字列 (1行)」フィールドのみ指定できます。
    「送信日時 (Date)」 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「文字列 (1行)」フィールド、または 「日付時刻」フィールドのみ指定できます。
    任意のメールヘッダ項目 読み込むメールヘッダ項目を追加する場合は、項目を追加するをクリックし、読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「文字列 (1行)」フィールド、または 「文字列(複数行)」フィールドのみ指定できます。
  1. メールの内容の読み込み書式を設定し、変更するをクリックする

    メール内容読み込み書式の設定項目

    項目 説明
    本文 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「文字列 (複数行)」フィールドのみ指定できます。
    添付ファイル 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「ファイル」フィールドのみ指定できます。
    メールソース 読み込むフィールドを選択します。
    読み込むフィールドを追加することもできます。
    「ファイル」フィールドのみ指定できます。
注意
  • 受信メールに複数のファイルが添付されている場合、読み込まれるファイルは 1 ファイルのみです。フィールドの拡張子条件に最初にマッチした添付ファイルが読み込まれます。
補足
  • 受信メールのサイズ制限について
    設定できるメールサイズは、512KB/1MB/3MB/5MB/10MB/無制限 です。
    「無制限」を設定した場合は、メールの送受信時にサーバーに負荷がかかる場合があります。
  • ライブラリに送信されたメールがサイズ制限を超えた場合は、メールを受信できません。
    メールサーバーから削除するか、他のメーラーから読み込むかを選択できます。

メール読み込みを変更する

追加されているメール読み込みの条件を変更します。

  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの基本設定ライブラリの基本設定メール読み込みメール読み込みの順にクリックする 「メール読み込みの設定」画面が表示されます。
  1. 設定を変更する項目の変更する変更するをクリックする
補足
  • メール読み込みの設定を初期化する場合は、手順2で初期化するをクリックしてください。

メール読み込みを実行する

メール読み込みを実行します。

  • メールを受信し、レコードとして登録します。
  1. 「ライブラリ管理」画面で、ライブラリの入出力/削除ライブラリの入出力/削除メールからの読み込みメールからの読み込みの順にクリックする 「メールからの読み込み」画面が表示されます。
  1. メールを受信し、ライブラリに読み込むをクリックする 読み込むフィールドなどを変更する場合は、変更する変更するをクリックし読み込むフィールドを変更してください。
注意
  • メール読み込みを実行するには、あらかじめメール読み込みの設定が必要です。メール読み込みの設定が無効の場合や設定が不十分の場合はエラーメッセージが表示されます。メール読み込みの設定をクリックし、メール読み込みの設定を変更してください。
  • メール読み込み後のレコード数の合計が 11個 以上になる場合は、ライブラリが本運用でないとメールの読み込みを実行できません。仮運用のライブラリの場合は、本運用に切り替えたあとに、メール読み込みを再度実行してください。
  • 1 回の操作で受信できるのは、受信メール総数 100 件まで、または受信メール総サイズ 10MB までです。いずれかの制限を超えた場合は、メール受信が中断されます。すべてのメールを受信できなかった場合は、再度メール読み込みを実行してください。
  • 受信メールの制限事項
    メール読み込み機能を使用する場合は、受信するメールに関して次の項目に注意してください。
    • メール本文がtext 形式 (ContentType : text/plain) のメールのみ読み込み可能です。HTML 形式の場合などは、本文を読み込みできません。
    • 分割されたメールはメール受信時に結合されません。
    • uuencode 方式でエンコードされた添付ファイルは、読み込みできません。
    • Unicode (UTF-8 など) 形式のメールは文字化けして表示されるため、読み込みできません。
    • 「デヂエ」が認識するメールの日付形式は次のとおりです。
       これ以外の形式のメールは日時を正しく読み込みできません。
       [day, ]date mon year hour:min:sec[ ("+"/"-")HH:MM]
       [day, ]date mon year hour:min:sec[ zone]

       例) Date: Tue, 22 Jan 2009 14:12:41 +0900
         Date: Tue, 22 Jan 2009 14:12:41 JST
         Date: 22 Jan 2009 14:12:41 +0900
補足
  • メール読み込みによって登録されたレコードのレコード登録者は、メール読み込み作業を実行したユーザーになります。
  • 未受信メールの削除について
    ライブラリに送信されたメールがサイズ制限を超えた場合や、スパムメールの設定で受信許可リスト以外から送信されたメールをサーバーから削除するに設定していない場合は、手動でメールを削除するか、他のメールソフトからメールを受信してください。
    未受信メールがある場合は、次のような画面に表示されます。未受信メールを削除するまで表示されます。
    未受信メール
  • 削除するメールにチェックを入れ、削除するをクリックして、はいをクリックすると未受信メールを削除できます。