マニュアルトップ > ユーザーマニュアル > レコードを削除する

レコードの登録/変更/削除

レコードを削除する

登録されているレコードを削除します。

  • レコードの削除には、1件ずつ削除する方法とまとめて削除する方法があります。
注意
  • レコードを削除すると、元に戻すことができません。重要なデータは削除前にバックアップを行い、保管しておくことをお勧めします。
  • ユーザーは、ライブラリ自体を削除できません。ライブラリを削除できるのは、ライブラリ管理者だけです。
補足

レコードを個別に削除する

登録されているレコードを個別に削除します。

注意
  • レコードの削除は、削除権限を持つユーザーのみ実行できます。ユーザーの権限は、ライブラリごとにライブラリ管理者が設定します。
  1. 削除するレコードの「レコード詳細」画面を表示する
  1. 削除する削除するをクリックする 「レコードの削除」画面が表示されます。
  1. 削除する場合は、はいをクリックする
補足
  • レコードを削除すると、削除したレコード番号や自動採番フィールドで採番された番号は欠番になります。番号が、繰り上がることはありません。

レコードをまとめて削除する

登録されているレコードをまとめて削除します。

  • 絞り込んだレコードを一括削除したり、検索結果のレコードを一括削除したりできます。
注意
  • ライブラリ管理の設定により、レコード一括削除のリンクが表示されない場合は、本操作は実行できません。
  • 削除権限のないレコードは削除されません。
  1. レコードを一括削除するライブラリの「レコード一覧」画面を表示する

    「ライブラリ(「レコード一覧」画面)を閲覧する」

    表示するレコードを絞り込む場合は、絞込を選択します。

    「表示するレコードを絞り込む」

    該当するレコードを検索する場合は、検索 [      ]にキーワードを入力し、検索をクリックします。

    「レコードを検索する」

  1. レコードを一括削除するレコードを一括削除するまたはその他の操作その他の操作矢印 > レコードを一括削除するレコードを一括削除するの順にクリックする 「レコードの一括削除」画面が表示されます。
  1. 削除する場合は、はいをクリックする
補足
  • レコードを一括削除すると、自動採番フィールドで採番されたレコード登録数は0になります。ただし、検索や絞り込み結果のレコードを一括削除した場合は、登録レコード数は0にはなりません。