マニュアルトップ > ユーザーマニュアル > ライブラリの運用を切り替える

その他

ライブラリの運用を切り替える

各ライブラリの運用(本運用/仮運用)を切り替えます。

重要
  • 本運用と仮運用について

    本運用ライブラリ

    「本運用ライブラリ」とは、1ライブラリにつきレコード数が11個以上のライブラリのことを指します。 課金の対象となるライブラリです。

    仮運用ライブラリ

    「仮運用ライブラリ」とは、1ライブラリにつきレコード数が10個以下のライブラリのことを指します。 課金の対象外となるライブラリです。

  • 仮運用から本運用に切り替える場合、課金の対象となりますので注意してください。
注意
  • ライブラリの運用を切り替えられるのは、システム管理者と運用切り替え権限があるユーザーだけです。
  • ライブラリの設定により、ライブラリの詳細のリンクが表示されていない場合は、「ライブラリの情報」画面での運用の切り替え操作は実行できません。
補足
  • 次の場合は、ライブラリを本運用に切り替える必要があります。
    • 11個以上のレコードを登録する場合
    • 11個以上のレコードを含むDBMファイルまたはCSVファイルを読み込む場合
    • CSVファイルの読み込み、メール読み込み、レコードコピーにより、ライブラリのレコード総数が11個以上になる場合
  • 次の場合は、ライブラリを仮運用に切り替えることができます。
    • 10個以下のレコードのライブラリである場合
  • 仮運用と本運用ライブラリは、機能に違いはありません。
  1. 「レコード一覧」画面で、ライブラリの詳細ライブラリの詳細をクリックする 「ライブラリの情報」画面が表示されます。
  1. 運用欄の本運用へ仮運用へをクリックする 「運用の切り替え/仮運用切り替え」画面が表示されます。
    運用の切り替え/仮運用切り替え
  1. 運用を切り替える場合は、はいをクリックする 運用が切り替わります。
補足
  • システム管理者は、「ライブラリ運用管理」画面でライブラリの運用を切り替えられます。

    『システム設定マニュアル』の「ライブラリの運用を切り替える」

  • レコードが10個の状態で、「レコードの登録」/「レコードの登録(再利用)」画面を表示すると、次の画面が表示されます。 [本運用に切り替える]をクリックし、はいをクリックすると、本運用に切り替えられます。
    レコードの登録