マニュアルトップ > ユーザーマニュアル > 画面の表示を切り替える

レコード/ライブラリの閲覧

画面の表示を切り替える

「レコード一覧」画面や「レコード詳細」画面の表示を切り替えます。

  • 「レコード一覧」画面の表示を切り替える機能を「レコード一覧ビュー」、「レコード詳細」画面/「レコードの新規登録」画面/「レコードの編集」画面/「レコードの登録(再利用)」画面の表示を切り替える機能を「フィールドレイアウト」と呼びます。

「レコード一覧ビュー」を切り替える

「レコード一覧」画面の表示を、「レコード一覧ビュー」を使用して切り替えます。

注意
  • ライブラリの設定により、「レコード一覧ビュー」のプルダウンメニューメニューが表示されない場合は、本操作は実行できません。
補足
  • レコード一覧ビューとは
    「レコード一覧」画面で表示する各フィールドの表示形式を、「レコード一覧ビュー」と呼びます。レコードの表示形式をはじめ、表示するフィールドや文字の色などの書式が設定されています。レコード一覧ビューのメニューを選択すると、「レコード一覧」画面の表示が切り替わります。「レコード一覧ビュー」の設定はライブラリ管理者が行います。
  1. 「レコード一覧」画面で、「レコード一覧ビュー」を選択する 選択した「レコード一覧ビュー」の表示に切り替わります。
    レコード一覧ビュー
  1. 目的の操作を行う 表示される内容は、「レコード一覧ビュー」の形式により異なります。
    レコード一覧ビューには、次の表示形式があります。

    レコード一覧形式

    レコードを 1 行ずつ表示する形式です。
    レコード一覧形式
    レコード一覧形式では、次の操作ができます。
    項目 説明
    閲覧(閲覧) 「レコード詳細」画面を表示します。
    編集(編集) 登録されているレコード情報を編集します。
    [・・・][・・・])/![!] レコードコメントのあり/なしを確認します。クリックすると、レコードコメント欄を表示します。
    レコードの並びを切り替えます。
    リレーション名(リレーション名) 関連するライブラリを表示します。
    ライブラリ管理の設定により、関連するライブラリへのリンクが表示されるように設定されている場合のみ表示されます。
    先頭へ | << 前の20件へ | 次の20件へ >> | 末尾へ 表示するレコードを切り替えます。

    レコード閲覧形式

    「レコード詳細」画面と同じ画面をカードのように表示する形式です。
    レコード閲覧形式
    レコード閲覧形式では、次の操作ができます。
    項目 説明
     閲覧する 閲覧する 「レコード詳細」画面を表示します。
    編集する編集する 登録されているレコード情報を編集します。
    コメントありコメントあり コメントあり コメントあり レコードコメントのあり/なしを確認します。クリックすると、レコードコメント欄を表示します。
    [変更する] レコードの登録者を変更します。

    「管理者マニュアル」の「レコードの登録者を変更する」

    リレーション名(リレーション名) 関連するライブラリを表示します。
    ライブラリの設定により、関連するライブラリへのリンクが表示されるように設定されている場合のみ表示されます。
    先頭へ | << 前の20件へ | 次の20件へ >> | 末尾へ 表示するレコードを切り替えます。

    カレンダー形式

    基準となる日付フィールドをもとに、時系列に表示する形式です。レコードを時系列に表示する形式(カレンダー一覧形式)と月カレンダーのように表示する形式(カレンダー表示形式)を切り替えできます。

    ■「カレンダー一覧形式」
    カレンダー形式
    カレンダー一覧形式では、次の操作ができます。
    項目 説明
    閲覧(閲覧) 「レコード詳細」画面を表示します。
    編集(編集) 登録されているレコード情報を編集します。
    [・・・][・・・])/![!] レコードコメントのあり/なしを確認します。クリックすると、レコードコメント欄を表示します。
    リレーション名(リレーション名) 関連するライブラリを表示します。
    ライブラリの設定により、関連するライブラリへのリンクが表示されるように設定されている場合のみ表示されます。
    リレーション名○月 クリックした月のカレンダー表示形式に切り替えます。
    <<前の3ヶ月へ | < 先月へ | 今月へ | 来月へ > | 次の3ヶ月へ >> 表示する月を切り替えます。

    ■「カレンダー表示形式」
    カレンダー表示形式
    カレンダー表示形式では、次の操作ができます。
    項目 説明
    見出しリンク 「レコード詳細」画面を表示します。
    編集 新しいレコードを登録します。
    前年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月翌年 表示する月/年を切り替えます。
    前月 今月 翌月 クリックした月のカレンダー表示形式に切り替えます。
    カレンダー一覧表示へ カレンダー一覧表示形式に切り替えます。

    カテゴリー形式

    特定のフィールドをカテゴリーとして、レコードを分類して表示する形式です。
    カテゴリー形式
    カテゴリー形式では、次の操作ができます。
    項目 説明
    閲覧(閲覧) 「レコード詳細」画面を表示します。
    編集(編集) 登録されているレコード情報を編集します。
    [・・・][・・・])/![!] レコードコメントのあり/なしを確認します。クリックすると、レコードコメント欄を表示します。
    レコードの並びを切り替えます。
    リレーション名(リレーション名) 関連するライブラリを表示します。
    ライブラリの設定により、関連するライブラリへのリンクが表示されるように設定されている場合のみ表示されます。
    先頭へ | << 前の20件へ | 次の20件へ >> | 末尾へ 表示するレコードを切り替えます。
補足
  • レコードコメントの表示について
    「レコード一覧」画面で、レコードコメントのあり/なしや、未読/既読を確認できます。ただし、ログインしていない場合、レコードコメントの既読/未読の確認はできません。
    表示内容は、レコード一覧ビューの形式によって、以下のように異なります。
    • レコード一覧形式/カレンダー一覧形式/カテゴリー形式のビュー
      ([・・・])と表示されます。未読のコメントは、([!])と表示されます。
    • レコード閲覧形式のビュー
      [コメントあり]と表示されます。未読のコメントは、[コメントあり]と表示されます。
    • カレンダー表示形式のビュー
      レコードコメントの表示はされません。

「フィールドレイアウト」を切り替える

「レコード詳細」画面/「レコードの登録」画面/「レコードの編集」画面/「レコードの登録(再利用)」画面の表示を、「フィールドレイアウト」を使用して切り替えます。

  • 「レコードの登録」画面でフィールドレイアウトを切り替えることもできます。
注意
  • ライブラリの設定により、「フィールドレイアウト」のプルダウンメニューが表示されない場合は、本操作は実行できません。
補足
  • フィールドレイアウトとは
    「レコード詳細」画面/「レコードの新規登録」画面/「レコードの編集」画面/「レコードの登録(再利用)」画面で表示する各フィールドの表示形式を、「フィールドレイアウト」と呼びます。レコードの表示形式をはじめ、表示するフィールドや文字の色などの書式が設定されています。フィールドレイアウトのメニューを選択すると、「レコード詳細」画面の表示が切り替わります。「フィールドレイアウト」の設定はライブラリ管理者が行います。
  1. 「レコード詳細」画面で、「フィールドレイアウト」を選択する 選択した「フィールドレイアウト」の表示に切り替わります。
    フィールドレイアウト
  1. 目的の操作を行う 表示される内容は、「フィールドレイアウト」の設定により異なります。
補足
  • ライブラリ管理の設定により、関連ライブラリへのリンクを表示するように設定している場合は、フィールドに リレーション名(リレーション名) が表示されます。リンクをクリックすると、リレーションが設定されているライブラリが表示されます。