マニュアルトップ > 操作マニュアル > 個人設定を変更する

個人設定を変更する

個人設定を変更する方法を説明します。
プッシュ通知以外の説明に使用している画像は、クラウド版 サイボウズ Officeをお使いの場合の例です。

接続設定を変更する

初回ログイン時に設定した接続設定を変更します。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
    ホーム画面
  1. [接続設定の変更]をタップし、[設定をはじめる]をタップする
    個人設定画面
  1. アクセスURL画面で表示されたアクセスURLが正しいことを確認し、[次へ]をタップする
  1. ログイン情報画面で、必要な項目を設定する
    お使いの環境によって、設定項目が異なります。
  1. [シンクする]または[モバイルビューモード]をタップする
    [モバイルビューモード]は、クラウド版 Garoon、またはバージョン 4.0.0以降のパッケージ版 Garoonをお使いの場合のみ表示されます。
    [モバイルビューモード]を選択すると、Garoonのモバイル表示と同様の画面が表示されます。端末にはログイン情報以外のデータは保存されないため、手軽でセキュアにKUNAIを利用できます。

    [シンクモード]をタップした場合、シンクが開始されます。シンクが終了すると、KUNAIのスケジュール画面が表示されます。
    [モバイルビューモード]をタップした場合、Garoonのスケジュールの「個人週」画面が表示されます。

自動シンクの設定を変更する

自動シンクの間隔や、自動シンクを停止する時間帯などの設定を変更します。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
    ホーム画面
  1. 「個人設定」画面で、自動シンクの設定欄の[変更]をタップする
    個人設定画面
  1. 必要な項目を変更する

    設定項目

    項目 説明
    シンク間隔 定期的にデータをシンクする間隔を設定します。
    [自動シンクしない]か、5分から15分までの5分ごと、30分から120分までの30分ごとに、シンクの間隔を設定できます。
    シンク禁止の時間帯 自動シンクを停止する時間帯を設定します。
    シンク実施条件 Wi-Fi接続時のみ自動シンクを実行する場合は、チェックボックスを選択します。
    自動シンク中にWi-Fiの接続が切れた場合は、モバイルデータ通信を経由してシンクが続行されるため、通信費がかかる場合があります。
    Wi-Fi接続でシンクが実行された場合は、「個人設定」画面の、「その他の設定」 > 「シンク履歴一覧」のシンク時刻の右側に「Wi-Fi」と表示されます。
    MDMオプションで管理されている端末は、この設定を有効にしていても、Wi-Fi接続が切れた場合にはモバイルデータ通信を経由して、端末が初期化されます。
    国際ローミング 国際ローミング時にシンクするかどうかを設定します。

KUNAIで使用するアプリを変更する

KUNAIで使用するアプリは、管理者が変更する方法と、ユーザー自身が変更する方法があります。
KUNAI で使用できるアプリは、お使いの製品や製品のバージョンによって異なります。


使用を停止したアプリのデータはKUNAIにシンクされません。
また、アプリ一覧と通知一覧画面に表示されません。

管理者が変更する方法

  1. 管理者がサイボウズ製品側でアプリの使用許可、またはKUNAIでの使用許可を設定する
    サイボウズ製品側でアプリの設定を変更する手順は、お使いのサイボウズ製品のマニュアルを参照してください。

    次のタイミングで、ユーザーのKUNAIに新しい設定が反映されます。
    • ユーザーがKUNAIのホーム画面で[シンク]をタップする。
    • 次の自動シンク。

ユーザーが変更する方法

管理者が使用を許可したアプリの中から、不要なアプリの使用を停止できます。
ただし、スケジュールとアドレス帳の使用は停止できません。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
    ホーム画面
  1. 「アプリの設定」欄で、目的のアプリのアイコンをタップする
    個人設定画面
  1. 「このアプリを使用する」の選択を外す
    「このアプリを使用する」を選択すると、再度アプリを使用できます。
  1. アプリ一覧で、[シンクする]をタップする
    自動シンクでシンクさせることもできます。
補足
  • お気に入り一覧に項目が存在するアプリの使用を停止しても、お気に入り一覧の項目は削除されません。また、お気に入り一覧に使用を停止したアプリの項目が残っていても、シンクの対象にはなりません。
  • お気に入り一覧から項目を削除する方法は、次のページを参照してください。

プッシュ通知を設定する

KUNAIでは、プッシュ通知の設定を有効にすると、クラウド版 Garoonの自分宛ての通知をリアルタイムで受け取ることができます。KUNAIがプッシュ通知に対応しているのは、クラウド版 Garoonのみです。
プッシュ通知を受け取ることができるアプリケーションの詳細は、次のページを参照してください。

プッシュ通知のイメージ

注意
  • プッシュ通知をタップすると、シンクモードで接続していても、モバイルビューモードに切り替わります。
    シンクモードに戻したい場合は、プッシュ通知をタップして、通知の詳細を確認したあと、端末の戻るアイコンをタップしてください。


プッシュ通知を有効にする手順は、次のとおりです。

  1. KUNAI自体の通知が有効に設定されていることを確認する
    ここでは、Androidのバージョンが8.xの場合を例に説明します。
    1. [設定]をタップする
    2. [アプリと通知]をタップする
      通知が赤枠で囲まれた画像
    3. アプリの一覧で、[KUNAI]をタップする
      KUNAIが赤枠で囲まれた画像
    4. KUNAI自体の通知が有効に設定されていることを確認する
  1. KUNAIを起動する
  1. 個人設定画面を表示する
    • シンクモードの場合:
      アプリ一覧で、[個人設定]をタップします。
      シンクモードの場合の画像
    • モバイルビューモードの場合:
      画面右上のオーバーフローメニューアイコンKUNAIをタップして、[個人設定]をタップします。
      モバイルビューモードの場合の画像
  1. 「個人設定」画面で、その他の設定欄の[プッシュ通知の設定]をタップする
    KUNAI自体の通知が無効に設定されている場合は、プッシュ通知の設定項目が表示されません。
    設定項目が表示されない場合は、手順1に戻り、KUNAI自体の通知を有効に設定してください。
    プッシュ通知が赤枠で囲まれた画像
  1. チェックボックスを選択して、プッシュ通知の設定を有効にします。
    プッシュ通知の設定を無効にする場合は、チェックボックスの選択を外してください。
    プッシュ通知を有効に設定している画像

ログの出力を設定する

KUNAIのログを出力するかどうかを設定します。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
    ホーム画面
  1. 「個人設定」画面で、その他の設定欄の[ログ出力の設定]をタップする
    個人設定画面
  1. 「ログを出力する」を選択する
    ログはSDカード、または内部ストレージに出力されます。
    SDカードの出力先は、SDcard/kunai/logsです。
補足
  • 「ログを出力する」の選択を外すと、ログは出力されません。
    チェックボックスを選択すると、その時点からのログが出力されます。
  • MDMオプションの機能であるリモートワイプを実行すると、出力されたログファイルは削除されます。

画像のインライン表示を設定する

スケジュール、メッセージ、ワークフローなどに添付された画像を、サムネイルで表示するかどうかを設定します。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
    ホーム画面
  1. 「個人設定」画面で、その他の設定欄の[画像のインライン表示]をタップする
    個人設定画面
  1. 「インライン表示を有効にする」を選択する
    添付された画像がサムネイルで表示されるようになります。
    インライン表示を有効にすると、通信するデータ量が増加します。
補足
  • 添付された画像の拡張子が次の場合のみ、サムネイルで表示できます。
    • jpeg (jpg)
    • png
    • bmp
    • gif

バージョン情報を確認する

使用しているKUNAIのバージョンを確認します。

  1. アプリ一覧で[個人設定]をタップする
  1. 「KUNAIのバージョン情報」欄を確認する

 他社商標について    個人情報保護方針    サイボウズ株式会社

記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。Copyright (C) Cybozu