Linux 環境

インストールする

Linux環境に「メールワイズ」をインストールします。

注意
  • Linux版のインストールには Linux コマンドを使用します。Linux シェル環境での作業経験がない場合は、サーバー(Linux)のシステム管理者に協力を依頼してください。
  1. インストール準備が整っているかどうかを確認する
  1. スーパーユーザーでログインする su コマンドで、root 権限でログインします。(" -" を付けてください)

# su -

  1. ダウンロードしたインストーラー「cbmw-4.x.x-linux.tar.gz」を適当なディレクトリに保存し、そのディレクトリに移動する FTPでファイルを転送する際は、バイナリモードで転送します。
    例) /tmp にインストーラーを保存した場合

# cp cbmw-4.x.x-linux.tar.gz /tmp
# cd /tmp

  1. アーカイブを展開する GNU tar コマンド (もしくは gzip コマンドと tar コマンド) で、アーカイブを展開します。
    gnu tar の場合

# tar zxvf cbmw-4.x.x-linux.tar.gz

   gzip と通常の tar の場合

# gzip -cd cbmw-4.x.x-linux.tar.gz | tar xvf -

    ls コマンド("-l " ( エル ) を付けます)で、「cbmwsetup」ファイル/「cbmwINSTALL.txt」ファイル/「cbmwtmp」ディレクトリが存在していることを確認できます。

# > ls -l
# -rw-r--r-- 1 nobody cybozu 8580 Oct 28 12:00 cbmwINSTALL.txt
# -rwxr--r-- 1 nobody cybozu 25328 Oct 28 12:00 cbmwsetup
# drwxr-xr-x 8 nobody cybozu 512 Oct 28 12:00 cbmwtmp

  1. インストーラーを実行する アーカイブを展開したディレクトリで、cbmwsetup を実行します。

# ./cbmwsetup

  1. 日本語が表示されたら、「Y」を入力し、Enter キーを押す 「この行が日本語で表示されたら Y を入力して下さい。」の部分が文字化けしている場合は、英語表示モードでインストールしてください。「N」を入力してから Enter キーを押します。

この行が日本語で表示されたら Y を入力して下さい。

Can you read the above text in Japanese? ([Y]/N) :

  1. Web サーバーの実行ユーザー名を入力し、Enter キーを押す この画面が表示されない場合は、手順8に進みます。

============= Web サーバ起動ユーザー名の入力 ============
Web サーバーを起動しているユーザー名を入力して Enter を押して下さい
( Q: インストールの中止 )
Web サーバーを起動しているユーザー名 :

  1. Enter キーを押す

サイボウズ メールワイズ インストーラ
この度はサイボウズ メールワイズ を御利用いただきまして誠にありがとうございます。
このインストーラは、サイボウズ メールワイズ 4.x.x をインストールします。

サイボウズ メールワイズ のインストールには、試用許諾契約書 への同意が必要です。

-- Enter を押して下さい --

  1. Enter キーを押して、製品の試用許諾契約書を確認し、同意する場合は「Y」を入力して、Enter キーを押す 試用許諾契約書に同意しない場合は、「N」を入力してから Enter キーを押して、インストールを中止します。

本ソフトウエアは、著作権法および著作権に関する条約をはじめ、その他の無体財産権に関する法律ならびにその条約によって保護されています。本ソフトウエアはサイボウズがお客様に対してその使用を許諾するもので、販売するものではございません。

Y: 同意する/ N: 同意しない(中止する) / [F]: 次のページ :

  1. ドキュメントルートディレクトリを確認し、「Y」を入力して、Enter キーを押す 通常はドキュメントルートディレクトリを変更する必要はありません。 設定するドキュメントルートディレクトリは、使用している Web サーバーにより異なります。

============ ドキュメントルートディレクトリの確認 ============
(ドキュメントルートディレクトリ)/cbmw4 にイメージファイルが格納されます。

/usr/local/apache2/htdocs

このディレクトリはドキュメントルートディレクトリとして設定されていますか?

[Y]: はい / N: いいえ(別ディレクトリを設定) / Q: インストールの中止 :

   次の画面が表示される場合は、ドキュメントルートディレクトリを絶対パスで入力して、Enterキーを押します。
   存在しないディレクトリを指定した場合は、エラー画面が表示され、再度ドキュメントルートディレクトリを入力する画面に戻ります。

=========== ドキュメントルートディレクトリの入力 ===========
ドキュメントルートのディレクトリを入力して Enter を押して下さい。

( Q: インストールの中止 )

ドキュメントルートディレクトリ :

  1. インストールディレクトリを確認し、Enter キーを押す 通常は インストールディレクトリを変更する必要はありません。 設定する インストールディレクトリ(cgi 実行可能ディレクトリ/cbmw)は、使用している Web サーバーにより異なります。

=============== インストールディレクトリの確認 ===============
/usr/local/apache2/cgi-bin/cbmw

このディレクトリをインストール先にしてよろしいですか?
[Y]: はい / N: 別ディレクトリを設定 / Q: インストールの中止 :

   次の画面が表示される場合は、インストールディレクトリを絶対パスで入力して、Enterキーを押します。
   存在しないディレクトリを指定した場合は、ディレクトリを作成するかどうかを指定する画面が表示されます。

=========== インストールディレクトリの入力 ===========
インストール先のディレクトリを入力して Enter を押して下さい。
(Q: インストールの中止 )
インストール先ディレクトリ :

  1. インストールの設定を確認し、問題がなければ「Y」を入力して Enter キーを押す インストールが始まります。
    設定を変更する場合は「N」を入力してから Enter キーを押します。

===================== インストールの確認 =====================
ドキュメントルートディレクトリ : /usr/local/apache2/htdocs
インストール先ディレクトリ   : /usr/local/apache2/cgi-bin/cbmw

以下の製品をインストールします。

  サイボウズ メールワイズ 4.x.x

インストールを実行します。よろしいですか?
Y: インストール実行 / N: ディレクトリ選択に戻る / Q: インストールの中止 :

  1. 自動受信タスクを登録する場合は、はいをクリックする メールの自動受信/定期チェックを利用するには、cronに自動受信用タスクを登録する必要があります。インストール後に登録することもできます。

root ユーザーの cron に自動受信用プログラムを登録します。よろしいですか?

Y: はい / N: いいえ :

  1. インストールが完了したら、試用許諾契約書と README の保存場所を確認する

サイボウズ メールワイズ 4.x.x のインストールが終了しました。
ご使用の前に README をお読み下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試用許諾契約書, README のファイルパスは以下の通りです。

試用許諾契約書 :
 /usr/local/apache2/cgi-bin/cbmw/LICENSEMAILWISE

README :
 /usr/local/apache2/cgi-bin/cbmw/READMEMAILWISE
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 「メールワイズ」にアクセスし、動作確認する Web ブラウザーを起動し、「メールワイズ」にアクセスします。初回アクセス画面が表示されれば、インストールは正常に終了しています。
    「メールワイズ」の初回アクセス画面が表示されない場合は、「「メールワイズ」の初回アクセス画面が表示されない場合」 を参照してください。

    『ユーザーマニュアル』の「ログインする」

  1. 利用を開始する をクリックする 「最初におこなう設定」画面が表示されます。
    「利用を開始する」画面
  1. 画面に表示される各種設定を行う
注意
  • 「メールワイズ」のアクセス画面が表示されない場合
    「メールワイズ」のアクセス画面が表示されない場合」の操作を行っても「メールワイズ」の初回アクセス画面が表示されない場合は、次の項目を確認します。
補足
  • 製品の複数インストールについて
    1 つのサーバーに複数の「メールワイズ」をインストールする場合は、手順 10 で、すでにインストールしている「メールワイズ」で使用しているインストールディレクトリとは異なるディレクトリを入力し、インストール作業を実行すると、1 つのサーバーに複数の製品をインストールできます。
  • Web サーバーの実行ユーザーとは
    次のコマンドで Web サーバーの起動ユーザー名を確認できます。Webサーバーの起動ユーザーが、「メールワイズ」のインストールディレクトリ、ドキュメントルートディレクトリの所有者になります。
    例)Web サーバープロセス名が httpd の場合

    > ps aux | grep httpd
    nobody 5235 0.0 1.9 540 576 ?? I  30Nov99  0:00.25 httpd

    結果の最初の項目に表示されるのが、Web サーバーの起動ユーザー名です。
    例の場合は nobody が、 Web サーバー の起動ユーザー名です。
    root もユーザー名として表示されることがありますが、 root は起動ユーザー名として設定しないでください。