マニュアルトップ > インストールマニュアル > アンインストールする

Linux 環境

アンインストールする

Linux環境にインストールされている「メールワイズ」をアンインストールします。

  • アプリケーションを削除したあとに、必要に応じてデータを削除します。
注意
  • アンインストールする前に、データをバックアップしておくことをお勧めします。
  • 削除したデータを、元に戻すことはできません。くれぐれもご注意ください。誤って削除してしまった場合、弊社ではサポート致しかねます。あらかじめご了承ください。
補足
  • アンインストールは、root 権限のあるユーザーで行います。

アプリケーションを削除する

「メールワイズ」の実行ファイルなど、アプリケーションを削除します。

  • アンインストーラーを実行すると、mw.cgi / cron が削除されます。
  1. スーパーユーザーでログインする

# su -

  1. アンインストールする「メールワイズ」のインストールディレクトリに移動する 例)インストールディレクトリに「/var/www/cgi-bin/cbdw」を指定した場合

# cd /var/www/cgi-bin/cbmw

    ls コマンド("-l " ( エル ) を付けます)で、アンインストーラー(「cbmwuninst」ファイル、「cbmwINSTALL.txt」)が
    存在していることを確認できます。

# ls -l
# -rw-r--r-- 1  nobody  root  7164    Oct 15  20:46  LICENSEMAILWISE
# -rw-r--r-- 1  nobody  root  1622    Oct 15  20:46  READMEMAILWISE
# -rwx------ 1  root    root  2436    Oct 15  20:46  cbmwuninst
# drwx------ 5  nobody  root  4096    Oct 10  03:02  mw
# -rwx------ 1  nobody  root  1752636 Oct 15  20:46  mw.cgi

  1. アンインストーラー「cbmwuninst」を実行する

# ./cbmwuninst

  1. 「Y」を入力して、Enter キーを押す

Cybozu MailWise Uninstall Program
Thank you for using Cybozu MailWise
This Program will uninstall Cybozu MailWise
Enter Y to start uninstalling files.
Y: Start Uninstalling / N: Quit :

    次のメッセージが表示されると、アンインストールは終了です。

Deleting a root's crontab entry for receiving e-mail automatically...
Deleting executable files...
Uninstallation of Cybozu MailWise is completed.

データを削除する

アプリケーションを削除したあとに、不要になったデータを手動で削除します。
削除するデータは、次のとおりです。

  • (ドキュメントルートディレクトリ)/cbmw4 以下の全ファイルと全フォルダ
    (ドキュメントルートディレクトリ)は、使用している Web サーバーの種類によって、初期設定が異なります。
  • (インストールディレクトリ) 以下の全ファイルと全フォルダ
    (インストールディレクトリ)は、使用している Web サーバーの種類によって、初期設定が異なります。
注意
  • 「メールワイズ」を複数インストールしている場合、すべての「メールワイズ」をアンインストールしないときは、(ドキュメントルートディレクトリ)/cbmw4 以下の全ファイルと全フォルダは削除しないでください。使用中の「メールワイズ」の画面が正しく表示されなくなります。
補足
  • ドキュメントルートディレクトリやインストールディレクトリ((CGIディレクトリ)/(インストール識別子))は、「システム設定」の「実行環境の診断」画面で確認できます。
    • ドキュメントルートディレクトリ:「DocumentRoot」欄に表示されています。
    • インストールディレクトリ:「Dir」欄に表示されています。