マニュアルトップ > 管理者マニュアル > 自動受信用タスクを登録する

その他

自動受信用タスクを登録する

メールの自動受信/定期チェックを利用するには、自動受信用タスク(createmwtask.bat)を登録する必要があります。

  • 自動受信用タスクは、インストール時にも登録できます。
  • 自動受信機能は、「メールワイズ」をインストールするサーバーのOSにより設定方法が異なります。
    • Windows環境の場合は、Windows のタスクスケジューラー機能に 「メールワイズ」の自動受信用のタスクを登録し、自動受信を行います。
    • Linux 環境の場合は、rootユーザーの cron に自動受信用タスクを登録し、自動受信を行います。
注意
  • メールの自動受信間隔の設定は、自動受信タスクの登録後に行ってください。

Windowsの場合

インストール時に自動受信タスクを登録していない場合は、「createmwtask.bat」を使用して自動受信用タスクを登録します。

自動受信用タスクを登録する

  1. ファイルエクスプローラーで、インストールディレクトリを表示する インストールディレクトリの初期値 :C\:Inetpub\scripts\cbmw
  1. 「createmwtask.bat」をダブルクリックする 自動受信用タスクが Windows のタスクスケジューラーに登録されます。

自動受信用タスクの確認方法

  1. コントロールパネル で、「パフォーマンスとメンテナンス」の「タスク」を選択する
  1. 「(インストールパス\インストールディレクトリ)-mw」の名称で 自動受信用タスクが登録されているかどうか確認する 例: C--Inetpub-Scripts-cbmw-mw

自動受信タスクをアンインストールする

  1. ファイルエクスプローラーで、インストールディレクトリを表示する インストールディレクトリの初期値 :C\:Inetpub\scripts\cbmw
  1. 「deletemwtask.bat」をダブルクリックする 自動受信用タスクが Windows のタスクスケジューラーから削除されます。
補足
  • 「メールワイズ」をアンインストールしても、自動受信用タスクが Windows のタスクスケジューラーから削除されます。

Linuxの場合

インストール時に自動受信タスクを登録していない場合は、メールワイズを再インストールしてcronを登録します。

  • 再インストールを実行しても、既存のデータには影響ありません。
補足
  • cronとは
    cronとは、指定されたコマンドを、指定された間隔で自動的に実行する、Linux の機能です。
    「メールワイズ」Linux版 では、cron の仕組みを利用して、メールの自動受信/定期チェックを実行します。

自動受信用タスクの確認方法

「メールワイズ」の自動受信 cron は、rootユーザーの cron に登録されます。次の方法で登録済みかを確認できます。

>crontab -u root -l

自動受信タスクをアンインストールする

自動受信cron のみを削除する場合は、「メールワイズ」をアンインストールした後に、インストール時に、「自動受信cron を登録しない」を選択し、再度上書インストールを行ってください。
アンインストール、再インストールを実行しても既存のデータには影響ありません。

補足
  • 「メールワイズ」をアンインストールしても、自動受信 cron が root ユーザーの cron から削除されます。