マニュアルトップ > ユーザーマニュアル > メールアプリケーション 目次

メールアプリケーション

はじめに

メールアプリケーションは、送受信するメールを登録ユーザー間で共有するアプリケーションです。
一つのメールを共有することで、問い合わせなどを効率的に対応/処理できます。
メールには、「未処理」「処理中」などの処理状況や、担当者、作業者、緊急度、メール項目を設定できるほか、コメントを書き込むこともできます。

「メールの一覧」画面では、処理状況や担当者/至急マーク/区切り線が表示されるので、誰がどのメールに対応しているのか、どのメールが返信済みでどのメールがまだ誰も対応していないか、といったメールの対応状況が一目で把握できます。
「メールの詳細」画面では、そのメールの差出人の顧客情報や過去の履歴を確認できます。前回の担当者が不在でも、的確な返信/案内が可能です。

メール作成/返信時には、あらかじめ登録しておいたテンプレートを使用できます。テンプレートを使うことで、すばやくメールを作成でき、対応を均一化することもできます。 担当者による案内の差異を防ぎ、顧客対応の品質を向上できます。

共通設定で、メール受信時に自動でメールをフォルダに振り分けたり、メール項目を設定したりすることもできます。
メール項目を設定すると、集計レポートで項目ごとの件数をグラフ化できます。
メールデータは、CSVファイルに書き出すこともできます。

注意
  • メールデータは、アクセス権のあるユーザーのみ閲覧/編集/削除/送信/ファイル入出力できます。