Windowsの場合

次の場合を例にOffice 10をWindows環境にインストールする手順を説明します。

  • Windows環境:Windows Server 2012 Standard
  • インストール識別子:cbag

インストール識別子は、サイボウズ製品を識別するための文字列です。アクセスURLの一部に使用されます。
初期値のままインストールすると、「cbag」がインストール識別子になります。

  1. インストールする環境を確認します。
    項目 説明
    ユーザーの権限 インストールする際に、次のユーザーでサーバーマシンにログインする必要があります。
    • Administrator権限を持つユーザー
    サーバーマシンやネットワークの環境 お使いのサーバーマシンやネットワーク環境が動作環境と合っていることを確認します。

    製品サイト:動作環境

    サーバーマシンの設定日時 サーバーマシンの設定日時が、正しいかどうかを確認します。
    日時が正しく設定されていないと、正常に動作しない恐れがあります。
    ドライブの空き容量 インストール先のドライブに、100MBの空き容量があることを確認します。
    常駐アプリケーションやプロセス サーバーマシンで、アプリケーションのプロセスが終了していることを確認します。
    セキュリティやバックアップなどの常駐アプリケーションやプロセスが動いていると、影響を受けてしまう可能性があるため、停止した状態で実施することを推奨しています。
  1. Office 10の対応Webサーバーがインストールされていることを確認します。

    Office 10を利用するためには、Webサーバーが必要です。
    Office 10が対応しているサーバーOSにWebサーバーをインストールし、アクセス権の設定や仮想ディレクトリの作成など、必要な設定を行ってください。
    Webサーバーがインストールされていない場合は、Office 10のインストールと同時にApacheをインストールできます。

    Windows環境で、Office 10が対応しているWebサーバーは次のとおりです。

    対応Webサーバー バージョン 対応OS Webサーバーのインストール方法
    インターネットインフォメーションサービス(IIS) 10.0 Windows Server 2016
    8.5 Windows 8.1
    Windows Server 2012 R2
    8.0 Windows 8
    Windows Server 2012
    7.5 Windows 7
    Windows Server 2008 R2
    7.0 Windows Server 2008
    Apache 2.2.x  
  1. 最新のインストーラーを入手します。

    製品サイト:ダウンロード

  1. サーバーマシンにダウンロードしたインストーラー「cbof-10.○.○-windows-k○exe」をダブルクリックし、インストーラーを起動します。

    次のサーバーマシンをお使いの場合は、「cbof-10.○.○-windows-k○.exe」を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

    • Windows Server 2008
    • Windows Server 2012
    • Windows 7
    • Windows 8

    • 同じサーバーマシンにOffice製品がすでにインストールされている場合
      1つのサーバーに、複数のOffice製品をインストールする場合は、「この製品の新しいコピーをインストールする」を選択し、次へをクリックします。
      あとの手順8で、既存のOffice製品と異なるインストール識別子を設定してください。
      製品の確認
  1. 次へをクリックします。

    ようこそ

  1. 試用許諾契約書を確認し、同意する場合は「試用許諾契約書に同意します」を選択し、次へをクリックします。
    • 試用許諾契約書に同意しない場合:
      キャンセルをクリックし、インストールを中止します。
    • 1つ前の手順に戻る場合:
      戻るをクリックします。
    試用許諾
  1. 「新規インストール」を選択し、次へをクリックします。

    インストールタイプの選択

  1. インストール識別子を確認し、次へをクリックします。

    通常はインストール識別子を変更する必要はありません。ただし、1つのサーバーマシンに複数のOffice製品をインストールする場合は、既存のOffice製品と異なるインストール識別子を設定する必要があります。

    インストール識別子の設定

    次のいずれかに該当する場合は、Webサーバー(Apache)をあわせてインストールするかどうかを確認する画面が表示されます。

    • サーバーマシンにWebサーバーがインストールされていない。
    • すでにインストールされているWebサーバーを停止している。
    • Webサーバーのポート番号が80番から変更されている。

    例:
    Webサーバーの確認

    • WebサーバーにApacheを利用する場合:
      はいをクリックし、画面にしたがってApacheをインストールします。
    • Apache以外のWebサーバーを利用する場合:
      いいえをクリックし、インストールをキャンセルします。先に Webサーバーを準備してから、Office 10をインストールしてください。
  1. CGIディレクトリを確認し、次へをクリックします。

    通常は CGIディレクトリを変更する必要はありません。変更する場合は、参照をクリックし、CGIディレクトリを指定します。
    初期値に設定されているCGIディレクトリは、お使いのWebサーバーにより異なります。

    CGIディレクトリ

  1. データディレクトリを確認し、次へをクリックします。

    通常はデータディレクトリを変更する必要はありません。変更する場合は参照をクリックし、データディレクトリを指定します。
    データディレクトリの初期値は、次のとおりです。

    • C:\cybozu\office\(インストール識別子)

    データディレクトリ

  1. ドキュメントルートディレクトリを確認し、次へをクリックします。

    通常はドキュメントルートディレクトリを変更する必要はありません。変更する場合は参照をクリックし、ドキュメントルートディレクトリを指定します。
    初期値に設定されているドキュメントルートディレクトリは、お使いのWebサーバーにより異なります。

    ドキュメントルートディレクトリ

  1. 設定を確認し、インストールをクリックします。

    インストール情報の確認
    インストールが始まります。
    インストール中

  1. 完了をクリックします。

    インストール完了

  1. はいをクリックします。

    確認画面

    Office 10のアクセス画面とReadme.txtが表示されれば、インストールは正常に終了しています。
    アクセス画面が表示されない場合は、次のページを参照してください。

  1. 「会社名」と「お名前」を入力し、次へをクリックし、サンプルデータを作成します。

    サンプルデータの作成
    ここで入力した会社名とユーザー(すでに登録されているユーザーを含む)、およびスケジュールや掲示板などの運用例がサンプルデータとして登録されます。
    本運用の開始前に、Office 10の操作や機能を試したりするのに便利です。
    ただし、サンプルデータにはメールサーバーが設定されていないため、メールの送受信はできません。
    サンプルデータが不要な場合は、あとで削除できます。

  1. ドロップダウンリストから任意のサンプルユーザーを選択し、[ログイン]をクリックします。

    サンプルユーザーには、パスワードが設定されていません。
    空欄のままログインします。
    ログイン

  1. 動作の確認や必要な設定をします。

    詳細は、次のページを参照してください。

ページトップへ戻る