マニュアルトップ >  管理者マニュアル > データの保守(バックアップと最適化)

データの保守(バックアップと最適化)

データをバックアップ/リストア/最適化します。

補足

データをバックアップする

データをバックアップします。

重要
  • バックアップするディレクトリは次のとおりです。
    • (インストールディレクトリ)/cb5/data/
    • (インストールディレクトリ)/cb5/file/
  • 1日に1回、バックアップをとることをお奨めします。
注意
  • データのバックアップ作業は、メンテナンス時間を設定するなど、ユーザーが「Office 8」にアクセスしない時間帯に行ってください。ユーザーの操作中にバックアップ作業を行うと、操作前までのデータしか保存されないなど、データに差分が生じる場合があります。
  • ロギングで保存しているログのデータをバックアップする場合は、次のディレクトリもバックアップしてください。
    • (インストールディレクトリ)/cb5/log/
  • データのバックアップの処理は、スケジューリングサービスを停止してから行ってください。スケジューリングサービスの停止/開始/再起動については、『よくある質問と答え(FAQ)』 を参照してください。
目的のディレクトリのファイル構成を確認する
必要なデータを、外部媒体などにコピーする
補足
  • データベースファイルの修復について
    「Office 8」では、データベースファイルを自動的に保存しています。ユーザーの各動作が正常に終了されなかった場合は、次のエラー画面が表示され、 をクリックするとデータベースファイルを自動的に修復します。ただし、添付ファイルは修復されません。
    「エラー」画面

データをリストアする

データをリストアします。

注意
  • データのリストアの処理は、スケジューリングサービスを停止してから行ってください。スケジューリングサービスの停止/開始/再起動については、『よくある質問と答え(FAQ)』 を参照してください。
  • CD-Rなどからバックアップデータをリストアした場合は、ファイルの属性が「読み取り専用」になっている場合があります。 この場合は、ファイル名を右クリックし、プロパティの「全般」タブから属性の「読み取り専用」のチェックを外してください。
    • 所有者:httpd起動ユーザー
    • 所有グループ:root
    • パーミッション:644

利用中のサイボウズ Officeにリストアする

メンテナンス時間を設定する
バックアップ元でバックアップファイルをコピーし、リストア先の該当のディレクトリをリネームして、バックアップデータと置き換える
ファイル構成を確認し、バックアップしたディレクトリと同じ位置にデータをリネームして置き換えます。
  • リストア先のディレクトリをリネームする例:
    (インストールディレクトリ)/cb5/data → (インストールディレクトリ)/cb5/data_bak
    (インストールディレクトリ)/cb5/file → (インストールディレクトリ)/cb5/file_bak
  • バックアップファイルを置き換える例:
    (インストールディレクトリ)/cb5配下にバックアップファイルを配置します。
    ・data(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/cb5/data(バックアップファイル)
    ・file(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/cb5/file(バックアップファイル)
メンテナンス時間を解除する
(インストールディレクトリ)/cb5/data/以下にあるmaint ファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
Webブラウザーを起動してサイボウズ Officeにアクセスし、動作確認する
次の項目を確認します。
  • バックアップした状態のデータを、正常に閲覧または表示できる。
  • 正常にデータを登録または変更できる。

他のサーバーにインストールしたサイボウズ Officeにリストアする

他のサーバーにサイボウズ Officeをインストールする
メンテナンス時間を設定する
バックアップ元でバックアップファイルをコピーし、リストア先の該当のディレクトリをリネームして、バックアップデータと置き換える
ファイル構成を確認し、バックアップしたディレクトリと同じ位置にデータをリネームして置き換えます。
  • リストア先のディレクトリをリネームする例:
    (インストールディレクトリ)/cb5/data → (インストールディレクトリ)/cb5/data_bak
    (インストールディレクトリ)/cb5/file → (インストールディレクトリ)/cb5/file_bak
  • バックアップファイルを置き換える例:
    (インストールディレクトリ)/cb5配下にバックアップファイルを配置します。
    ・data(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/cb5/data(バックアップファイル)
    ・file(バックアップファイル) → (インストールディレクトリ)/cb5/file(バックアップファイル)
メンテナンス時間を解除する
(インストールディレクトリ)/cb5/data/以下にあるmaint ファイルを削除して、メンテナンス時間を解除します。
Webブラウザーを起動してサイボウズ Officeにアクセスし、動作確認する
次の項目を確認します。
  • バックアップした状態のデータを、正常に閲覧または表示できる。
  • 正常にデータを登録または変更できる。

データベースを最適化する

データベースを最適化します。

注意
  • データベースの最適化の作業は、データをバックアップしてから行ってください。
  • 最適化処理は、「Administrator権限」(Linux環境の場合は、「root権限」)を持つユーザーで行ってください。
  • 最適化処理の実行中は、自動的にメンテナンス時間が設定されます。 また、別途メンテナンス時間を設定している場合、設定されている時間帯に最適化処理を実行することはできません。
  • データの最適化の処理は、スケジューリングサービスを停止してから行ってください。スケジューリングサービスの停止/開始/再起動については、『よくある質問と答え(FAQ)』 を参照してください。
スタートメニューから、プログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプトの順にクリックする
ag.exe(cgi)が保存されているディレクトリまで移動する
ag.exeが保存されているディレクトリについては、「サイボウズ(R) Office の実行環境の診断」画面のDir欄で確認できます。
コマンドを実行する
最適化処理が実行されます。

最適化処理のコマンド

環境 説明
Windowsサーバー ag.exe -x optimize -N
Linuxサーバー ./ag.cgi -x optimize -N