MDMオプションを使用する場合