ライセンスを管理する

リモートサービスを利用するために必要なライセンスやオプションの管理について説明します。
試用期間が終了したら、製品の使用ライセンスを登録します。
注意
  • ライセンスが終了すると、次の操作はできません。
    • リモートサービスを経由した利用製品へのアクセス
    • 端末とのデータシンク
    • 端末の初期化などの端末管理
    • クライアント証明書の管理: セキュアアクセスオプションが有効な場合のみ
    • クライアント証明書の管理機能を使用している場合の注意
      マスターのクライアント証明書((リモートID).pfx)を変更し、リモートIDが変更されると、ユーザー発行クライアント証明書が使用できなくなります。
      マスターのクライアント証明書を登録し直して、リモートIDが元に戻れば、ユーザー発行クライアント証明書が使用できるようになります。
補足
  • クライアント証明書とは
    クライアント証明書とは、リモートサービスを利用するときに、ユーザーを識別する証明書(SSL証明書)のことです。
    クライアント証明書は、Webブラウザーにインストールされるので、アクセスのたびにユーザー名とパスワードを入力する認証よりも、簡単にユーザーを認証できます。
    リモートサービスのセキュアアクセスオプションが無効な場合、リモートサービスマネージャーとユーザーで、同じクライアント証明書((リモートID).pfx)を使用します。
  • リモートIDとは リモートIDとは、クライアント証明書に含まれる番号で、利用しているクライアント証明書を指定する番号です。
    「R」のあとに 7桁の数字が付きます。
  • クライアント証明書のファイル名 システム管理者が提供するクライアント証明書の種類によって、次のどちらかのファイル名が表示されます。
    • (リモートID).pfx
    • (文字列).pfx
  • ライセンスの終了期間が近づくと、リモートサービスマネージャーの画面上部にメッセージが表示されます。
    • ライセンスを購入している場合は、使用終了日の60日前になると、メッセージが表示されます。
    • 試用期間中は、試用期間の終了日が表示されます。
    • 製品購入、使用ライセンスについては、製品サイトの価格・見積・発注 をご覧ください。

ライセンスを更新する

クライアント証明書を再登録し、登録されているライセンスを更新します。
試用期間終了時に、リモートサービスの使用ライセンスを登録したり、使用しているライセンスが変更になった場合に、新しいライセンスに更新したりします。
  1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、[システム設定]をクリックします。
  2. 「システム設定」画面で、[ライセンスの管理]をクリックします。
  3. 「ライセンスの管理」画面で、[クライアント証明書を登録する]をクリックします。
    「ライセンスの管理」画面には、現在登録されているライセンスの情報が表示されます。
  4. 「クライアント証明書の登録」画面で、クライアント証明書(zipファイル)を選択し、[登録する]をクリックします。
    zipファイル以外の形式のファイルは登録できません。
    クライアント証明書のファイル形式がzipファイル以外の場合は、製品サイトのクライアント証明書ダウンロードから、zip形式のクライアント証明書をダウンロードします。
    「証明書の登録完了」画面が表示されれば、クライアント証明書の登録は終了です。
注意
  • 次の場合は、リモートサービスマネージャーを再起動する必要があります。
    • 「ライセンスの管理」画面に、ライセンスの内容が表示されていない場合
    • 「証明書の登録完了」画面に、「ライセンス情報の取得に失敗したため、サービスを開始できません。ネットワーク環境を確認し、サービスを再起動してください。」というメッセージが表示された場合

クライアント証明書を差し替えるときの流れ

クライアント証明書を差し替えるときは、次の手順で操作します。
注意
  • リモートIDの変更があり、クライアント証明書((リモートID).pfx)を差し替えると、ケータイのアクセスURLも変更されます。
    新しいケータイのアクセスURLを確認し、利用ユーザーに連絡します。詳細は、携帯電話からアクセスするための情報を連絡する方法を参照してください。
  1. Step1
    クライアント証明書を登録します。
    新しいクライアント証明書をリモートサービスマネージャーに登録します。
    手順は、ライセンスを更新する方法を参照してください。
  2. Step2
    ユーザーに新しいクライアント証明書とパスワードを配布します。
    リモートサービスを利用しているユーザーに、新しいクライアント証明書とパスワードを配布します。
    必要に応じてアクセス情報をユーザーに連絡します。
    連絡方法の詳細は、次のページを参照してください。
  3. Step3
    ユーザーにクライアント証明書の差し替えを依頼します。
    リモートサービスを利用しているユーザーに、新しいクライアント証明書への差し替えを依頼します。
    詳細は、クライアント証明書の登録方法を参照してください。
補足
  • ケータイ用のログインURLを設定している場合は、設定しているログインURLを変更します。詳細は、携帯電話からアクセスする場合のシステム管理者の作業を参照してください。