ログから得られる情報

リモートサービスマネージャーのログファイルについて説明します。
  • ログファイルは、リモートサービスマネージャーをインストールしたフォルダのlogsフォルダに保存されます。
    保存場所は、ファイル構成を参照してください。
  • ファイルサイズが10MBを超えると、新しいログファイルが作成されます。
  • ログファイルは、最大8ファイルまで作成され、以降は上書きされます。
  • すべてのログファイルを保管する場合は、定期的にログファイルを別フォルダにコピーする必要があります。
  • ログファイルでは、次の情報を確認できます。
    ログファイル名 説明
    RelayClient.log リモートサービスマネージャーのトレースログ
    access.log 各製品へのアクセスログ
    rsm_access.log リモートサービスマネージャーへのアクセスログ
    network.log ネットワークの接続状況に関するログ
    status.log リモートサービスマネージャーから各製品や中継サーバーへのアクセスの滞留を記録するログ
    Cybozu(R)_Remote_Service_<バージョン>_(_<インストール識別子>_)_InstallLog.log リモートサービスマネージャーのインストールログ
    インストールログは、インストールフォルダに作成されます。
    Cybozu(R)Remote_Service<バージョン>_InstallLog.log リモートサービスマネージャーのインストールをキャンセルまたは失敗したときのログ
    device.log MDMオプションを利用している場合の端末制御(初期化処理)のログ、およびKUNAIのエラーログの一部
    Error.log リモートサービスマネージャーのエラーログ
補足
  • ログファイルの文字コードは、UTF-8です。