アクセス情報をユーザーに連絡する

利用ユーザーに、KUNAI用のアクセス情報(URLパス)を連絡します。
KUNAI用のURLパスには、クライアント証明書の情報が含まれています。KUNAIでは証明書をインポートせずに、このアクセス情報から証明書の情報を取り込みます。
注意
  • クライアント証明書を配布する前に、次の設定が完了していることを確認します。
    • 利用製品の登録
    • 利用ユーザーの登録
    • 利用する証明書の設定:
      リモートサービスのセキュアアクセスオプションが有効な場合に設定します。
    • KUNAIの使用許可
  1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
  2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、目的の製品名をクリックします。
  3. 「製品情報の詳細」画面で、「利用する証明書」項目の[証明書の利用方法]をクリックします。
    お使いのライセンスによっては、複数の証明書が表示されます。
  4. 「証明書の詳細」画面で、「アクセス情報」タブを選択し、「KUNAI用のアクセス情報」を確認します。
  5. ユーザーに連絡します。
    E-mailなどを使用し、必要な情報をユーザーに連絡します。
補足
  • 「KUNAIの利用手順の案内」画面の内容を、ユーザーに連絡すると便利です。「KUNAIの利用手順の案内」画面は、「製品/ユーザーの設定」画面で、[KUNAIの利用手順の案内]をクリックすると表示されます。端末の種類ごとに説明を用意しています。
    画面キャプチャー:KUNAIの利用手順の案内画面への操作リンクの場所を示している。