利用ユーザーを管理する

端末から製品に接続できるユーザーを、リモートサービスマネージャーで管理します。
必要な設定は、「リモートサービスの運用管理」で行います。
注意
  • 利用ユーザーを登録する前に、リモートサービスマネージャーに利用製品が登録されている必要があります。
補足
  • 利用ユーザーの設定時に、製品のシステム管理者のユーザー名とパスワードを入力する画面が表示される場合があります。サイボウズ共通認証が設定されている場合でも、システム管理者として製品にログインする必要があります。

利用ユーザーを追加する

利用ユーザーを追加する方法を説明します。
利用製品を追加したあとに、引き続きユーザーを追加する場合は、手順3から操作します。
  1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
  2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、ユーザーを追加する製品の[利用ユーザーの設定]をクリックします。
  3. 製品にログインする必要がある場合は、システム管理者として、製品にログインします。
    製品にログインする必要のない場合、この手順は省略されます。手順4に進みます。
    ログイン方法は、製品での設定によって異なります。
  4. 「利用ユーザーの設定」画面で、[利用ユーザーを追加する]をクリックします。
    すでに利用ユーザーが登録されている場合は、利用ユーザーに登録されている人数や利用ユーザー名を確認できます。
    詳細は、「利用ユーザーの設定」画面の見かたを参照してください。
  5. 「利用ユーザーの追加」画面で、追加するユーザーを選択し、[追加する]をクリックします。
    • 利用ユーザーの候補に追加する:
      グループを選択したあと、所属ユーザー一覧から、追加するユーザーを選択し、[候補]をクリックし、追加する利用ユーザー一覧に追加されていることを確認します。
      ユーザー名検索を利用すると、検索ボックスにキーワードを入力し、候補となるユーザーを検索することができます。
    • 利用ユーザーの候補から削除する:
      追加する利用ユーザー一覧で、候補から削除するユーザーを選択し、[削除]をクリックします。
    画面キャプチャー:利用ユーザーの追加画面
  6. 設定内容を確認し、ユーザーにアクセス情報を連絡します。
    • アクセス情報の連絡:
      [アクセス情報を連絡する]をクリックすると、「製品情報の詳細」画面が表示されます。
      製品のアクセス情報を確認したあと、ユーザーに利用方法を連絡します。
      手順の詳細は、アクセス情報をユーザーに連絡する方法を参照してください。
    • 利用ユーザーの追加:
      [さらに利用ユーザーを追加する]をクリックすると、「利用ユーザーの追加」画面が表示されます。利用ユーザーを続けて追加する場合は、手順5の操作を繰り返します。
    画面キャプチャー:利用ユーザーの追加完了画面

利用ユーザーを削除する

製品側でユーザーを削除してもリモートサービスマネージャーには反映されません。
製品側でユーザーを削除した場合は、リモートサービスマネージャーでユーザーを削除する必要があります。
利用ユーザーを削除する方法を説明します。
注意
  • 利用ユーザーを削除したら、ユーザーが使用していた端末から、証明書を削除してください。
  1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
  2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、利用ユーザーを削除する製品の[利用ユーザーの設定]をクリックします。
  3. 製品にログインする必要がある場合は、システム管理者として、製品にログインします。
    製品にログインする必要のない場合、この手順は省略されます。手順4に進みます。
    ログイン方法は、製品での設定によって異なります。
  4. 「利用ユーザーの設定」画面で、削除するユーザーのチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    画面キャプチャー:利用ユーザーの設定画面。削除するユーザーのチェックボックスが選択されています。
  5. 利用ユーザーから削除する場合は、「利用ユーザーの一括削除」画面で、[削除する]をクリックします。

利用ユーザー情報をCSVファイルで管理する

登録されている製品の利用ユーザーの情報をCSVファイルに書き出したり、CSVファイルから利用ユーザーの情報を読み込んだりします。

CSVファイルで管理できるデータ

CSVファイルは、製品ごとに準備します。
対応製品
CSVファイルで利用ユーザーを管理できるのは、次のバージョンのサイボウズ製品のみです。
  • Garoon:バージョン 2.5.2以降
  • サイボウズ Office:バージョン 9.0.0以降

デヂエやメールワイズの利用ユーザーの管理には使用できません。
CSVファイルの読み込みに使用する項目
項目名 必須 説明
ユーザー識別子 ユーザー識別子は、必須項目です。
利用製品のユーザーIDまたはログイン名を指定します。
削除フラグ   登録されている利用ユーザーを削除する場合は、「1」を指定します。
CSVファイルの書式
ユーザー識別子,削除フラグ
記述例
画面キャプチャー:CSVファイルの記述例です。
CSVファイルに書き出される項目
項目名 説明
ユーザーID 利用製品に登録されているユーザーを識別するためのIDです。
ログイン名 利用製品に登録されているログイン名です。
ログイン名が書き出されるのは、次のサイボウズ製品です。
  • Garoon:バージョン 2.5.2 以降
  • サイボウズ Office:バージョン 9.0.0 以降
ユーザー名  
所属グループ  

利用ユーザー情報をCSVファイルから読み込む

CSVファイルからリモートサービスマネージャーに、利用ユーザー情報を読み込む手順を説明します。
この操作は、利用製品ごとに行います。
注意
  • ユーザー識別子(ユーザーIDまたはログイン名)は必須項目です。
    CSVファイルを読み込むと、ユーザーIDまたはログイン名に一致するユーザー名と所属グループ名を、利用製品から取得します。
  • CSVファイルの読み込みに失敗する場合は、次の原因が考えられます。
    • Garoonとサイボウズ Officeの利用ユーザー情報が、1つのCSVファイルにまとめられている。
    • ユーザー識別子が、ユーザーIDとログイン名とで混在している。
  1. データを読み込むためのCSVファイルを作成します。
    CSVファイルで管理する項目については、CSVファイルの読み込みに使用する項目を参照してください。
  2. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
  3. 製品にログインする必要がある場合は、システム管理者として、製品にログインします。
    製品にログインする必要のない場合、この手順は省略されます。手順4に進みます。
    ログイン方法は、製品での設定によって異なります。
  4. 「利用ユーザーの設定」画面で、[CSVファイルから読み込む]をクリックします。
  5. 「利用ユーザー情報の読み込み」画面で、手順1で作成したCSVファイルを選択します。
  6. 読み込むデータに必要な項目を設定し、[次へ]をクリックします。
    設定する項目は、次のとおりです。
    • 文字コード:
      CSVファイルのデータを選択した文字コードでエンコードします。
      選択できる文字コードは、次のとおりです。
      • 日本語(Shift JIS)
      • Unicode(UTF-8)
    • ユーザー識別子:
      準備したCSVファイルに記述しているユーザー識別子の情報が、ユーザーIDなのか、ログインIDなのかを指定します。
    • 先頭行をスキップする:
      CSVファイルの先頭行に、項目名やコメントなど、データ以外の情報が記述されている場合は、「はい」を選択します。
  7. 必要な項目が設定されていることを確認し、[次へ]をクリックします。
    画面キャプチャー:利用ユーザー情報の読み込み画面
  8. プレビューで、読み込むデータを確認し、[読み込む]をクリックします。

利用ユーザー情報をCSVファイルに書き出す

利用ユーザー情報を、CSVファイルに書き出す手順を説明します。
この操作は、利用製品ごとに行います。
  1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
  2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、CSVファイルにユーザー情報を書き出す製品の[利用ユーザーの設定]をクリックします。
  3. 製品にログインする必要がある場合は、システム管理者として、製品にログインします。
    製品にログインする必要のない場合、この手順は省略されます。手順4に進みます。
    ログイン方法は、製品での設定によって異なります。
  4. 「利用ユーザーの設定」画面で、[CSVファイルへ書き出す]をクリックします。
  5. 「利用ユーザー情報の書き出し」画面で、書き出すデータに必要な項目を設定します。
    設定する項目は、次のとおりです。
    • 文字コード:
      エンコードに使用する文字コードを選択します。
      選択できる文字コードは、次のとおりです。
      • 日本語(Shift JIS)
      • Unicode(UTF-8)
    • 先頭行に項目名を書き出す:
      CSVファイルの先頭行に項目名を書き出す場合は、「はい」を選択します。
  6. 設定内容を確認し、[書き出す]をクリックします。
    画面キャプチャー:利用ユーザー情報の書き出し画面
  7. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。