パソコンからアクセスする

パソコンから製品にアクセスする手順を説明します。
外出先や自宅のパソコンのWebブラウザーを使用し、サイボウズ製品にアクセスできます。

インストール作業

システム管理者が、サーバーにリモートサービスマネージャーをインストールします。
補足
  • すでにほかの用途のためにリモートサービスマネージャーをインストールしている場合は、改めてリモートサービスマネージャーをインストールする必要はありません。
  1. Step1
    動作環境を確認します。
    詳細は、製品サイトの動作環境を参照してください。
    利用製品がリモートサービスマネージャーに対応していることも確認します。
  2. Step2
    リモートサービスマネージャーをインストールします。
    利用製品にアクセスできる環境にあるサーバーに、リモートサービスマネージャーをインストールします。
    インストールする手順の詳細は、お使いの環境に合わせて、次のページを参照してください。
    インストールする(Windows環境)
    インストールする(Linux環境)
  3. Step3
    初期設定を開始します。
    リモートサービスを使用するために必要な初期設定を開始します。
    詳細は、初期設定を実行する方法を参照してください。

システム管理者の作業

システム管理者は、リモートサービスマネージャーでリモートサービスのシステム管理をします。
  1. Step1
    リモートサービスマネージャーにログインします。
    ログインする手順の詳細は、リモートサービスマネージャーにアクセスする方法を参照してください。
  2. Step2
    利用製品を登録します。
    リモートサービスを経由して利用する製品を登録します。
    詳細は、次のページを参照してください。
    サイボウズ製品を追加する
    サードパーティー製品を追加する
  3. Step3
    利用ユーザーを登録します。
    リモートサービスを経由して、サイボウズ製品を利用するユーザーを登録します。
    詳細は、利用ユーザーを追加する方法を参照してください。
    サードパーティー製品の場合、利用ユーザーを登録する必要はありません。
  4. Step4
    利用する証明書を設定します。
    リモートサービスのセキュアアクセスオプションが有効な場合に設定できます。
    詳細は、クライアント証明書を管理する方法を参照してください。
  5. Step5
    ユーザーに連絡します。
    ユーザーに、リモートサービスのアクセス情報(アクセスURL、クライアント証明書)を連絡します。
    詳細は、アクセス情報をユーザーに連絡する方法を参照してください。
補足
  • リモートポータル機能を使用し、ポータル画面から複数の利用製品にアクセスしたり、システム管理者からのお知らせを確認したりできます。
    詳細は、リモートポータルを設定する方法を参照してください。

ユーザーの作業

ユーザーは、リモートサービスを使用するWebブラウザーに、クライアント証明書を登録し、利用製品にアクセスします。
iPhoneのSafariでリモートサービスを使用する場合も、同様の手順です。
  1. Step1
    アクセス情報を入手します。
    システム管理者から、次の情報を入手します。
    • クライアント証明書
    • クライアント証明書の登録パスワード
    • リモートサービスのアクセスURL
  2. Step2
    クライアント証明書を登録します。
    使用するWebブラウザーに、ステップ1で入手したクライアント証明書を登録します。
    詳細は、サポートガイドのクライアント証明書の登録方法を参照してください。
  3. Step3
    製品にアクセスします。
    ステップ2でクライアント証明書を登録したWebブラウザーを使用し、ステップ1で入手したアクセスURLにアクセスします。
    詳細は、パソコンから製品にアクセスする方法を参照してください。