データをバックアップする

誤って必要なデータを削除してしまった場合や、サーバーの故障、バージョンアップ時などに備え、リモートサービスマネージャーのデータをバックアップすることを推奨します。
データの破損や、誤操作によるデータの削除が発生しても、バックアップデータを使って、事故が起こる前の状態に戻すことができます。
ここでは、手動で行うバックアップの方法を説明します。
注意
  • サーバーのハードディスクが故障すると、サーバー自体が使えなくなります。この場合、リモートサービスマネージャーのデータをバックアップしていても、すぐにリモートサービスを使える状態に復旧できません。
    スムーズにシステム全体を復旧するためにも、システム全体のバックアップが取れる専用ソフトのインストールや各種ドライバの設定、予備のサーバーの準備もご検討ください。

バックアップするディレクトリーとファイル

次のディレクトリーと配下のファイルをバックアップします。ファイル構成の詳細については、ファイル構成のページを参照してください。
  • (インストールディレクトリー)\conf配下の次の3ファイル
    • クライアント証明書(リモートID.zip)
      リモートID.zipがない場合は、RelayClient.propertiesとuser.pfxのみバックアップします。
    • RelayClient.properties
    • user.pfx
  • (インストールディレクトリー)¥data配下のすべてのデータ
Windows環境
インストールディレクトリーが「C:\Program Files\Cybozu\cbrc」の場合の例です。
  • C:¥Program Files¥Cybozu¥cbrc¥conf¥R*******.zip
    R******* はリモートIDです。
  • C:¥Program Files¥Cybozu¥cbrc¥conf¥RelayClient.properties
  • C:¥Program Files¥Cybozu¥cbrc¥conf¥user.pfx
  • C:¥Program Files¥Cybozu¥cbrc¥data
Linux環境
インストールディレクトリーが「/usr/local/cybozu/cbrc」の場合の例です。
  • /usr/local/cybozu/cbrc/conf/R*******.zip
    R******* はリモートIDです。
  • /usr/local/cybozu/cbrc/conf/RelayClient.properties
  • /usr/local/cybozu/cbrc/conf/user.pfx
  • /usr/local/cybozu/cbrc/data
補足
  • 2.0.4以前のバージョンの場合は、次のデータをコピーします。
    (インストールディレクトリー)\conf配下のすべてのファイルとディレクトリー

バックアップ作業の手順

バックアップするディレクトリーとファイルを、外部の媒体(磁気テープ、CD-R、MO、別のハードディスクなど)に手動でコピーしてバックアップします。
注意
  • データのバックアップ作業は、ユーザーがリモートサービスを利用しない時間帯に行ってください。
  1. Step1
    リモートサービスマネージャーを停止します。
    詳細は、リモートサービスマネージャーを停止する方法を参照してください。
  2. Step2
    必要なデータをコピーし、外部媒体などに保存します。
    必要なデータについての詳細は、バックアップするディレクトリーとファイルを参照してください。
  3. Step3
    リモートサービスマネージャーを再起動します。
    詳細は、リモートサービスマネージャーを再起動する方法を参照してください。