インストールの前に確認すること

リモートサービスマネージャーをインストールする前に、次の項目を確認します。
ユーザーの権限
次のユーザーで、リモートサービスマネージャーをインストールするサーバーにログインする必要があります。
  • Windows環境:サーバーのAdministrator権限を持つユーザー
  • Linux環境:root権限を持つユーザー
サーバーや対応製品の確認
お使いのサーバーやネットワーク環境が製品サイトに掲載されている動作環境と合っていることを確認します。
取得しているライセンス
ライセンスによって、リモートサービスマネージャーで設定できる機能が異なります。
詳細は、製品サイトの価格・見積・発注を確認してください。
最新のインストーラーの入手
最新のインストーラーは、製品サイトのダウンロードのページからダウンロードできます。
試用期間中に、サードパーティー製品を利用製品として登録する場合
試用期間中は、すべてのサービスを利用できます。
ただし、試用期間中にサードパーティー製品を利用製品として登録するには、弊社Webサイトのサードパーティ/認定製品接続のお申し込みページから申し込みが必要です。
注意
  • 同一のクライアント証明書を複数のリモートサービスマネージャーで使用しないでください。リモートサービスマネージャーが正しく動作しません。
  • 製品側の画面内にインターネットからデータを取り込んでいる場合は、画面を表示するたびに警告画面が表示されます。
  • 製品側の画面内にイントラネット環境からデータを取り込んでいる場合は、取り込んでいるデータは使用できません。
  • ウィルススキャンソフトを利用している場合は、(インストールディレクトリ)\temp配下をウィルススキャンソフトのスキャン対象から外す必要があります。
補足
  • リモートサービスマネージャーとは
    リモートサービスを使用するためにインストールするプログラムです。サイボウズがインターネット上に設置したサーバーとの間で、SSL(Secure Sockets Layer)による暗号化通信をします。