ファイル構成

リモートサービスマネージャーをサーバーにインストールすると、インストール先のディレクトリーの配下に保存されるファイルについて説明します。
初期設定でのリモートサービスマネージャーのインストール先は、次のとおりです。「cbrs」はインストール識別子です。お使いの環境に合わせて読み替えてください。
  • Windows 版:
    • 64bit OSの場合:
      C:\Program Files (x86)\Cybozu\cbrc
    • 32bit OSの場合:
      C:\Program Files\Cybozu\cbrc
  • Linux 版:
    /usr/local/cybozu/cbrc

インストールディレクトリ  
LICENSE_JA.txt :使用許諾契約書(日本語)
LICENSE_EN.txt :使用許諾契約書(英語)
LICENSE_CH_ZH.txt :使用許諾契約書(中国語簡体字)
TRIAL_JA.txt :試用規約(日本語)
TRIAL_EN.txt :試用規約(英語)

TRIAL_CH_ZH.txt

:試用規約(中国語簡体字)
build.number :ビルド番号
redirect.html :リダイレクトファイル
Cybozu(R)_Remote_Service_<バージョン>_(_<インストール識別子>_)_InstallLog.log :インストール時のログ
uninstall.exe :アンインストールの実行ファイル(Windows版)
uninstall :アンインストールの実行ファイル(Linux版)
uninstall.lax :アンインストールのためにシステム側が用意するファイル
uninstaller.jar :アンインストールのためにシステム側が用意するファイル
installScript.iap_xml :インストール情報の補助ファイル
.com.zerog.registry.xml :インストール情報の補助ファイル
installvariables.properties :インストール情報の補助ファイル。インストール時の変数の値などが記録されます。
resource :システム側がアンインストール時に使用するファイル類を置くディレクトリー(Windows版)
3rd_party_licenses :外部ライブラリーのライセンスを置くディレクトリー
bin :リモートサービスマネージャーの起動プログラムを置くディレクトリー
relay-client.jar :リモートサービスマネージャー本体の圧縮ファイル
winsw.exe :Windowsサービス登録プログラム
winsw.xml :Windowsサービス登録設定ファイル(登録時の設定)
ServiceConfig.exe :Windowsサービス設定プログラム(サービスのリカバリーや起動設定をする)
boot.sh :サービスの起動スクリプト(Linux版)
relay-client.service :サービス設定ファイル(Linux版)。インストール中に、/etc/systemd/system配下にコピーされます。
conf :リモートサービスマネージャーの設定ファイルを置くディレクトリー
RelayClient.properties :リモートサービスマネージャーの設定ファイル
logback.xml :リモートサービスマネージャーのログ設定ファイル
<リモートID>.zip :リモートサービスマネージャーに設定したクライアント証明書アーカイブ。クライアント証明書を登録した場合作成されます。
user.pfx :リモートサービスマネージャーに設定したクライアント証明書。クライアント証明書を登録した場合に作成されます。
data :データベースファイルを置くディレクトリー
remote.h2.db :データベースファイル
certs :ユーザー発行クライアント証明書を置くディレクトリー。ユーザー発行のクライアント証明書を発行すると作成されます。
logo :リモートサービスマネージャーのリモートポータルに設定したロゴファイルを保存するディレクトリー
data_backup_<日付> :バージョンアップ前のdata ディレクトリーをコピーしたバックアップ。バージョンアップ時のみ作成されます。
jre :同梱しているJava
logs :リモートサービスマネージャーのログファイルを置くディレクトリー
RelayClient.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャーのトレースレベルのログ
access.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャーが処理する通信のアクセスログ
rsm_access.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャー管理画面のアクセスログ
Error.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャーのエラーレベルのログ
device.log{.[1-7]} :MDMオプションを利用している場合の端末制御(初期化処理)のログ
call_history.log{.[1-7]} :利用端末の発着信のログ
network.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャーのネットワークの接続状況に関するログ
status.log{.[1-7]} :リモートサービスマネージャーの各製品や中継サーバーへのアクセスの滞留を記録するログ
winsw.wrapper :リモートサービスマネージャーをWindowsサービスで起動した時のログ
temp :一時ファイル置き場

次のファイルは、Windows版にのみ保存されます。
Logs  
Cybozu(R)Remote_Service<バージョン>_InstallLog.log :インストール時にエラー(権限エラー以外)が発生したり、インストールをキャンセルしたりしたときに作成される場合があるログ

次のファイルは、Linux版にのみ保存されます。
etc  
systemd  
  system  
    cbrs_【インストール識別子】.service :サービス設定ファイル
 
補足
  • クライアント証明書(<リモートID>.zip ファイル)は、conf フォルダーに保存されます。
    クライアント証明書(<リモートID>.zip ファイル)には、次のファイルが含まれます。
    <リモートID>.zip  
    <リモートID>.pfx :クライアント証明書
    Attention.txt :リモートサービスの操作に必要な情報
  • Attention.txtとは:
    Attention.txt は、ダウンロードしたクライアント証明書の中に含まれるテキストファイルです。Attention.txt には、リモートサービスへのアクセス方法やクライアント証明書のインポート用のパスワードなど、リモートサービスを利用するために必要な情報が記述されています。