データをリストアする

バックアップデータ(クライアント証明書「R*******.zip」、「user.pfx」、「data」)を利用し、データの復旧を行います。
バックアップデータとは、バックアップしたディレクトリーとファイルを指します。詳細は、バックアップするディレクトリーとファイルを参照してください。
注意
  •  データをリストアしても、バックアップ以降に変更したデータは復旧されません。このため、バックアップ以降に追加した製品が解除されたり、削除したデータが一覧に表示されたりなど、データに不整合が生じる可能性があります。
  • バックアップデータをリストアする際は、上書きコピーではなく、既存のデータ(クライアント証明書「R*******.zip」、「user.pfx」、「data」)を削除またはリネームし、バックアップデータと置き換えてください。上書きコピーした場合、データファイルの不整合が発生する場合があります。
  • バックアップデータをリストアする際は、バックアップ元と、リストア先のリモートサービスマネージャーのバージョンが同じである必要があります。
  1. Step1
    リストア先のリモートサービスマネージャーを停止します。
    詳細は、リモートサービスマネージャーを停止する方法を参照してください。
    利用中のサーバーのリモートサービスから、別のサーバーにインストールしたリモートサービスマネージャーにデータをリストアする場合は、バックアップ元のリモートサービスマネージャーも停止します。
  2. Step2
    リストア先の次のディレクトリをリネーム、または削除します。
    「RelayClient.properties」は、ここでは削除やリネームをしないでおきます。
    クライアント証明書「R*******.zip」と「user.pfx」が存在しない場合は、「data」ディレクトリーのみリネーム、または削除します。
    • Windows環境でのリネームの例:
      (インストールディレクトリ)\conf\R*******.zip →(インストールディレクトリ)\conf\R*******_backup.zip
      (インストールディレクトリ)\conf\user.pfx →(インストールディレクトリ)\conf\user_backup.pfx
      (インストールディレクトリ)\data → (インストールディレクトリ)\data_backup
  3. Step3
    Step 2のバックアップファイルをリストア先に配置します。
    インストールディレクトリ配下に配置します。
    • Windows環境で配置する場合の例:
      バックアップファイル「\conf\R*******.zip」→(インストールディレクトリ)\conf\R*******.zip として配置
      バックアップファイル「\conf\user.pfx」→(インストールディレクトリ)\conf\user.pfx として配置
      バックアップファイル「\data」→(インストールディレクトリ)\data として配置
  4. Step4
    RelayClient.propertiesに記載されている項目の値を確認します。
    1. 次のファイルを開きます。
      • リストア先のインストールディレクトリのRelayClient.properties
        • Windows環境の場合:
          (インストールディレクトリ)\conf\RelayClient.properties
      • バックアップ元のRelayClient.properties
    2. RelayClient.propertiesに記載されている項目の値を確認します。
      確認する項目は、次のとおりです。
      • SecuritySyncIntervalMinutes
      • ServerPort
      • ServerAddress
      • DispatcherWorkerThreadCount
      • TimeOutSec
      • SsoCookie
    3. 項目の値が異なっている場合は、バックアップ元のRelayClient.propertiesの値を、リストア先のインストールディレクトリのRelayClient.propertiesの値にコピーします。
      • 確認する値の例:
        #Tue Jan 28 13:52:45 JST 2014
        SecuritySyncIntervalMinutes=30
        Version=3.1.x
        ServerPort=443
        ClientID=139088*******
        ServerAddress=remote2rc.cybozu.co.jp
        DispatcherWorkerThreadCount=15
        TimeOutSec=120
        SsoCookie=CB_CLOGIN,CB_PLOGIN,CB_OPENAUTH
        RegistServiceName=cbrc
  5. Step5
    Linux環境の場合は、ディレクトリーとファイルのアクセス権を設定します。
    リストア先で、次のアクセス権が適切に設定されていることを確認します。
    • dataディレクトリ:755
    • リモートID.zip:644
    • user.pfx:644
    • data配下のすべてのデータ:664、または644
  6. Step6
    リストア先のリモートサービスマネージャーを再起動します。
    詳細は、リモートサービスマネージャーを再起動する方法を参照してください。
    バックアップ元のリモートサービスマネージャーも、必要に応じて再起動します。
  7. Step7
    Webブラウザーを起動して、リモートサービスマネージャーにアクセスし、動作確認をします。
    次の項目を確認します。
    • リストアしたデータを、正常に閲覧または表示できる。
    • 正常にデータを登録または変更できる。