トラブルシューティング >  「Webページがみつかりませんでした」や「Webページが表示されません」と表示される

「Webページがみつかりませんでした」や「Webページが表示されません」と表示される

サイボウズ製品にアクセスすると、次の画面が表示される場合の解決方法について説明します。

キャプチャ

「Webページがみつかりませんでした」や「Webページが表示されません」と表示される場合は、次の原因が考えられます。

  • 製品のアクセスURLを間違っている
  • Webサーバーがインストールされていない
  • Webサーバーが固定IPアドレスを持っていない
  • セキュリティソフトやファイアウォールが起動している

Webサーバーがインストールされていない

サイボウズ製品を使用するには、Webサーバーが必要です。
サーバー移行などにより、移行先のサーバーにWebサーバーがインストールされていない場合は、Webサーバーをインストールしてください。
各Webサーバーのインストール方法については、「Webサーバーのインストール方法」を参照してください。

Webサーバーが起動していない

インストールされているWebサーバーが起動していない場合も、サイボウズ製品にはアクセスできません。
まず、Webサーバーが起動しているかどうかを確認し、停止している場合は起動してください。

Webサーバーが起動しているかどうかを確認する

  1. Webブラウザーを起動し、アドレス欄に「http://サーバー名またはIPアドレス/」を入力します。
  1. 画面の表示を確認します。 IISやApacheなどのWebサーバーの案内画面が表示されていることを確認してください。

Webサーバーを起動する

IIS 10.0を起動する

Windows Server 2016の場合

  1. [スタート] > [サーバーマネージャー]の順にクリックします。
  1. 画面右上にある[ツール(T)] > [インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー]の順にクリックします。
  1. 左ペインで、「サーバー名」の左横の ツリーアイコン > 「サイト」の左横の ツリーアイコン の順にクリックし、ツリー表示を展開します。
  1. 「Default Web Site」をクリックします。
  1. 右ペインの[開始]をクリックします。

IIS 8.5を起動する

Windows 8.1(Enterprise)以降の場合

  1. スクリーン左下のスタートボタンを右クリックし、[コントロールパネル]をクリックします。
  1. 画面右上の表示方法を「カテゴリ」に設定します。
  1. [システムとセキュリティ] > [管理ツール]の順にクリックします。
  1. 「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」をダブルクリックして、起動します。
  1. 左ペインで、「サーバー名」の左横の  > 「サイト」の左横の の順にクリックし、ツリー表示を展開します。
  1. 「Default Web Site」をクリックします。
  1. 右ペインの[開始]をクリックします。

Windows Server 2012 R2の場合

  1. スクリーン右上にカーソルを合わせて、[スタート] > [管理ツール] > [サーバーマネージャー]の順にクリックします。
  1. 画面右上にある[ツール(T)] > [インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー]の順にクリックします。
  1. 左ペインで、「サーバー名」の左横の  > 「サイト」の左横の の順にクリックし、ツリー表示を展開します。
  1. 「Default Web Site」をクリックします。
  1. 右ペインの[開始]をクリックします。

IIS 8.0を起動する

Windows 8 Enterpriseの場合

  1. [コントロールパネル] > [システムとセキュリティ]の順にクリックします。
  1. 「管理ツール」をクリックします。
  1. 「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」をダブルクリックして、起動します。
  1. 「Default Web Site」を選択し、右ペインの[開始]をクリックします。

Windows Server 2012 Standardの場合

  1. 「管理ツール」で、[インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー]をダブルクリックします。
  1. 「Default Web Site」を選択し、右ペインの[開始]をクリックします。

IIS 7.5を起動する

Windows 8.1(Enterprise)以降の場合

  1. スクリーン左下のスタートボタンを右クリックし、[コントロールパネル]をクリックします。
  1. 画面右上の表示方法を「カテゴリ」に設定します。
  1. [システムとセキュリティ] > [管理ツール]の順にクリックします。
  1. 「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」をダブルクリックして、起動します。
  1. 左ペインで、「サーバー名」の左横の  > 「サイト」の左横の の順にクリックし、ツリー表示を展開します。
  1. 「Default Web Site」をクリックします。
  1. 右ペインの[開始]をクリックします。

Windows 2008 R2の場合

  1. 「管理ツール」で、[インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー]をクリックします。
  1. 左ペインで、「サーバー名」の左横の  > 「サイト」の左横の の順にクリックし、ツリー表示を展開します。
  1. 「Default Web Site」をクリックします。
  1. 右ペインの[開始]をクリックします。

IIS 7.0を起動する

  1. スタートメニューから、「コントロールパネル」を選択します。
  1. 「管理ツール」をクリックします。
  1. 「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」をクリックします。
  1. 「サーバー名」が表示されている項目の、「+」をクリックします。
  1. 画面右端の「開始」を選択します。

IIS 6.0を起動する

  1. スタートメニューから、「コントロールパネル」を選択します。
  1. 「管理ツール」をクリックします。
  1. 「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」をクリックします。
  1. 「サーバー名」が表示されている項目の、「+」をクリックします。
  1. 「規定の Webサイト(停止)」を選択し、右クリックします。
  1. 「開始」を選択します。
  1. 「規定のWebサイト」になっていることを確認します。

Apacheを起動する

Red Hat Enterprise Linux 5の場合

  1. 次のコマンドを実行します。 Apacheを起動するコマンドは、ご利用のディストリビューションにより異なります。
    ご利用の環境に合ったコマンドをご使用ください。
    【コマンド例】
    • apachectl start
    • service httpd start
    • /sbin/service httpd start
    • /etc/init.d/httpd start
    • /etc/rc.d/init.d/httpd start

WebサーバーのIPアドレスを確認する

サイボウズ製品をインストールするサーバーには、「固定IPアドレス」が必要です。
まず、固定IPアドレスが設定されているかを確認し、設定されていない場合は固定IPアドレスを設定してください。

固定IPアドレスが設定されているかどうかを確認する

  1. Administrator権限またはRoot権限でログインします。
  1. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    IPアドレスの確認コマンド

    OS コマンド
    Windows環境 ipconfig /all
    Linux環境 ifconfig
    ※「ifconfig」コマンドの格納場所は、サーバーOSの環境により異なります。
  1. IPアドレスを確認する Windows環境の場合は、ホスト名(Host Name)または、IPアドレス(IP Adress)を確認してください。
    Linux環境の場合は、「inet addr」欄に記載されているIPアドレスを確認してください。

固定IPアドレスを設定する

注意
  • ネットワーク内の他のサーバーがすでに使用しているIPアドレスは設定できません。御社のネットワーク管理者などに使用できるIPアドレスを確認の上、設定してください。
  • ネットワーク環境によっては、DHCPサーバーを利用し、IPアドレスを自動で所得する設定になっている場合があります。この場合は、DHCPの設定を無効にし、固定IPアドレスを設定してください。DHCPサーバーを利用しているかどうかについては、御社のネットワーク管理者に確認してください。

Windows Server 2016の場合

  1. サーバーマネージャーを起動します。
  1. 左ペインで「ローカルサーバー」を選択し、プロパティの一覧から、イーサネットに設定された値をクリックします。
    イーサネットの値が赤枠でかこまれた画像
  1. 「ネットワーク接続」画面で、「イーサネット」を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    プロパティメニューが赤枠でかこまれた画像
  1. 「イーサネットのプロパティ」画面で、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択し、プロパティをクリックします。
    イーサネットのプロパティ画面の画像
  1. 「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面で、「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、必要なアドレス情報を入力して、OKをクリックします。
    アドレス情報を設定している画像

Windows 8の場合

  1. コントロールパネルを開きます。
  1. [ネットワークとインターネット]をクリックします。
    ネットワークとインターネットのリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. [ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
    ネットワークの状態とタスクの表示のリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. 左ペインの[アダプターの設定の変更]をクリックします。
    アダプターの設定の変更のリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. 「ネットワーク接続」画面で、「イーサネット」を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    プロパティメニューが赤枠でかこまれた画像
  1. 「イーサネットのプロパティ」画面で、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択し、プロパティをクリックします。
    イーサネットのプロパティ画面の画像
  1. 「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面で、「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、必要なアドレス情報を入力して、OKをクリックします。
    アドレス情報を設定している画像

Windows Server 2012の場合

  1. サーバーマネージャーを起動します。
  1. 左ペインで「ローカルサーバー」を選択し、プロパティの一覧から、イーサネットに設定された値をクリックします。
    イーサネットの値が赤枠でかこまれた画像
  1. 「ネットワーク接続」画面で、「イーサネット」を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    プロパティメニューが赤枠でかこまれた画像
  1. 「イーサネットのプロパティ」画面で、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択し、プロパティをクリックします。
    イーサネットのプロパティ画面の画像
  1. 「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面で、「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、必要なアドレス情報を入力して、OKをクリックします。
    アドレス情報を設定している画像

Windows Server 2008 R2の場合

  1. コントロールパネルを開きます。
  1. [ネットワークとインターネット]をクリックします。
    ネットワークとインターネットのリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. [ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
    ネットワークの状態とタスクの表示のリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. 左ペインの[アダプターの設定の変更]をクリックします。
    アダプターの設定の変更のリンクが赤枠で囲まれた画像
  1. 「ネットワーク接続」画面で、「ローカルエリア接続」を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    プロパティメニューが赤枠でかこまれた画像
  1. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面で、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択し、プロパティをクリックします。
    ローカルエリア接続のプロパティ画面の画像
  1. 「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面で、「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、必要なアドレス情報を入力して、OKをクリックします。
    アドレス情報を設定している画像

Windows 7の場合

  1. [コントロールパネル]を開きます。
  1. 「ネットワークとインターネット」セクションの[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
  1. 左ペインの[アダプターの設定の変更]をクリックします。
  1. [ローカルエリア接続]をダブルクリックします。
  1. 「ローカルエリア接続の状態」画面で、プロパティをクリックします。
  1. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面で、[インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)]を選択し、プロパティをクリックします。
  1. 「次のIP アドレスを使う(S)」を選択し、IP アドレスを設定しOKをクリックします。
  1. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面で、閉じるをクリックします。
  1. 「ローカルエリア接続の状態」画面で、閉じるをクリックします。

Linuxの場合

  1. サーバーで、次のコマンドを入力します。 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    ※sysconfigディレクトリおよび、network-scriptsディレクトリの格納場所は、サーバーの設定により異なります。
  1. 実行結果の「IP ADDR」欄に、任意のIPアドレスを設定します。

セキュリティソフトやファイアウォールを停止する

Windowsファイアウォールやウィルス対策ソフトなどのセキュリティソフトにより、HTTP通信を遮断されている場合も、製品にアクセスできません。
次の項目を確認してください。

TCP/IP通信が可能か確認する

サーバーのIPアドレスが「10.0.0.1」 の場合

  1. スタートメニューから、プログラム ⇒ アクセサリ ⇒ コマンドプロンプト の順にクリックします。
  1. 「C:\>ping 10.0.0.1」を入力します。 次のように表示される場合、TCP/IPの通信に問題があります。
    Unknown host webserver.
    Request timed out.

Windowsファイアウォールやウィルス対策ソフトを停止する

注意
  • ファイアウォールを無効にすると、外部からの不正アクセスの攻撃を受けやすくなります。
    ファイアウォールを無効にする場合は、御社のネットワーク管理者にご相談ください。

クライアント端末からサイボウズ製品にアクセスできない場合、サーバーのファイアウォールを一時的に無効にし、アクセスできるかどうかを確認します。
Windowsファイアウォールを無効にする方法の詳細は、Microsoft社のページを参照してください。


ファイアウォールを一時的に無効にすることで、サイボウズ製品へのアクセスを確認したあとは、ファイアウォールを有効に戻し、Webサーバーが使用するポート番号の通信を許可する設定で運用することを推奨します。
ポート番号の通信を個別に許可する方法は、お使いの環境によって異なります。
Webサーバーが使用するポート番号の確認方法は、次のよくあるご質問を参照してください。

セキュリティソフトを無効にする

注意
  • セキュリティソフトを無効にすることは、セキュリティの低下を招く場合があります。詳しくは御社のシステム管理者にご相談ください。

各ソフトウェアの使用方法は、製品ごとに異なります。
詳しくは各製品の取扱説明書を確認してください。