ユーザーや製品の解除、および端末を利用停止する前に確認すること

リモートサービスマネージャーで次の操作を行うと、リモートサービスマネージャーに登録している利用端末が初期化されます。
  • 利用ユーザーを解除する
  • 利用製品を削除する
  • 端末の利用を停止する

リモートサービスマネージャーで初期化された利用端末は、「利用登録待ち端末」に表示され、利用ユーザーの登録がない状態になります。
同じ端末でKUNAIの利用を再開するときは、KUNAIで接続設定を行ってから、シンクを実行します。
シンクを実行することによって、リモートサービスマネージャーで管理している該当端末に、利用ユーザーを登録できます。

接続設定の方法については、KUNAI for iPhoneの接続設定マニュアルのリモートサービスのMDMオプションを使用しているという説明を参照してください。
補足
  • 端末の初期化によって、端末識別番号が変更される場合があります。
  • 「利用登録待ち端末」から端末識別番号を削除した場合は、端末識別番号を登録しなおしてください。
    再登録の手順は、利用端末を追加する方法を参照してください。