MDMオプションとクライアント証明書を併用する

KUNAIで使用するアプリによって、MDMオプションの機能だけでは、アプリを操作できない場合があります。
この場合、お使いの端末にクライアント証明書をインポートする必要があります。
お使いの環境でクライアント証明書が必要かどうかは、次のページで確認してください。
KUNAI for iPhone:クライアント証明書が必要かどうかを確認する
KUNAI for Android:クライアント証明書が必要かどうかを確認する

ここでは、MDMオプションの利用時に、リモートサービスマネージャーからクライアント証明書を発行してから、KUNAIに適用するまでの手順を説明します。
注意
  • すでにMDMオプションでKUNAIを利用している場合は、手順2から操作します。
補足
  • MDMオプションのみの利用(MDMオプションの運用管理)では、クライアント証明書は発行できません。クライアント証明書は、「リモートサービスの運用管理」から発行します。
  • 「MDMオプションの運用管理」と「リモートサービスの運用管理」に同一の製品を登録している場合は、手順4から操作します。
  1. MDMオプションが利用できる状態になっていることを確認します。
    必要な設定は、次のとおりです。
    • 利用製品を登録する
    • 利用ユーザーを設定する
    • KUNAIをインストールする
    • 利用端末を登録する
    • 利用端末で初期設定を行う
    • 端末でKUNAI が正常に動作することを確認する

    詳細は、次のページを参照してください。
    KUNAI for iPhoneからのアクセス︓MDMオプションを使⽤する場合
    KUNAI for Androidからのアクセス︓MDMオプションを使⽤する場合
  2. リモートサービスの運用管理に、KUNAI からアクセスする製品を登録します。
    1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
    2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、[利用製品を追加する]をクリックします。
    3. 「利用製品の追加」画面で、「製品のアクセスURL」項目に、製品のアクセスURLを入力します。
    4. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。
    5. 「製品/ユーザーの設定」画面に戻って、追加した製品名が正しく表示されていることを確認します。
      表示が正しくない場合は、製品のアクセスURLの注意点についてという説明を参照してください。
  3. 手順2に登録した製品の利用ユーザーを設定します。
    1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
    2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、KUNAIからアクセスする製品をクリックします。
    3. 「製品情報の詳細」画面で、[利用ユーザーを設定する]をクリックします。
    4. 製品にログインする必要がある場合は、システム管理者として、製品にログインします。
      製品にログインする必要のない場合、この手順は省略されます。
    5. 「利用ユーザーの設定」画面で、[ユーザーを追加する]をクリックします。
    6. 「利用ユーザーの追加」画面で、追加するユーザーを選択し、[追加する]をクリックします。
    7. 「利用ユーザーの設定」画面に戻って、追加した内容を確認します。
  4. クライアント証明書をダウンロードし、パスワードをメモします。
    注意
    • ここでは、リモートサービスのセキュアアクセスオプションを使用していない場合を例に説明します。 この場合、「マスターのクライアント証明書」を利用します。
     
    1. リモートサービスマネージャーの「システム管理」画面で、リモートサービスの運用管理の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。
    2. 「製品/ユーザーの設定」画面で、KUNAIからアクセスする製品をクリックします。
    3. [証明書の利用方法]をクリックします。
    4. 「マスターのクライアント証明書の詳細」画面の証明書ファイルの「クライアント証明書のパスワード」項目を確認し、パスワード情報をメモに取ります。
    5. 「クライアント証明書」項目の[ダウンロード]をクリックします。
    6. クライアント証明書を任意の場所に保存します。
  5. ユーザーにクライアント証明書とパスワードを連絡します。
  6. ユーザーが、端末にクライアント証明書を保存します。
  7. KUNAIが正常に動作するかどうかを、ユーザーが確認します。
    KUNAIから次のアプリケーションが利用できるかどうかを確認します。
    • サイボウズ Office:カスタムアプリ
    • Garoon:スペース